競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

早稲田の居酒屋『わっしょい』で痛飲した夜&大人のお店。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

先週の土曜日は久々にいつもの友人と飲みに行って来ました。

最近はお互いの都合が合わずに、多分、1カ月ほどの久々の飲みでした。

伺ったお店は、高田馬場・早稲田の界隈では、メニューも豊富で、しかもお値段も非常にリーズナブルな居酒屋さんの『居酒屋・わっしょい(食べログ情報クリック)』さんです。

このお店はいくつかの部屋が分かれていまして、近所の早稲田大学の学生さんも大人数で宴会をするお店です。

メインのお部屋は年配のお客さんも多く、というか、メインのお部屋はテーブル席が半分に座敷が半分なのですが、その部屋は殆どが40代以上の年配のお客さんが多い感じのお店です。

同じ階の別室の宴会用の部屋では、相変わらず多分早稲田大学の学生さんであろう方々が、宴会をして賑やかですが、基本、全く別のお店をここの『わっしょい』さんのオーナーが買い取って増設したお店みたいで、メインのテーブルの席は割と静かに飲む事が出来ます。

ここは高田馬場&早稲田界隈では一番好きな居酒屋さんで、個人的には毎回このお店でも良いと思うぐらいにメニューもとても豊富で、何を食べても水準以上の美味しさで、お気に入りの居酒屋さんです。

ただ、友人は同じく高田馬場の中華居酒屋の方が好きらしくだいたい交互にお店を変えて飲んでいます。

そしてこの日は友人がどうやら健康診断が間近という事で、いつも生の大ピッチャーを頼んで飲んでいますが、この日の友人は最初にジョッキの半分だけ、生を飲んで、その後はずっとウーロン茶という事で、私一人で、生の大ピッチャーを頼み、飲む羽目になってしまい、結果、翌日はかなりの二日酔いでした。

ただそのあとの大人のお店でもかなり飲んだので、それだけが原因で二日酔いになったわけではないのかとも思っていますが?

そして、今、この記事を書いていて思うのは、何もずっと大ピッチャーで生を飲む必要もなく、普通にジョッキで生を頼んでいれば問題はなかったのかと今更ながら、気が付きました。

そしてこの日のメニューです。

先ずはお通しが春雨サラダでしたが、それは写真を撮り忘れたのでその次に頼んだお品の数々をご紹介です。

ばい貝。

このばい貝の煮たのって、結構好きで、大体毎回必ず頼む一品です。

もう出来ているのも有って、直ぐに出て来る一品なので、最初のおつまみには最適な一品ですね。

お刺身各種

この日のお刺身は一見盛り合わせの様に見えますが、全部単品でのオーダーで、以下、お刺身の種類です。

秋刀魚の刺身・イカの刺身・地だこの刺身・まぐろ赤身刺し・まぐろ大トロ刺しの5種類の刺身でした。

ここのお店のまぐろの大トロはいつ来ても安定した美味さで、毎回、この値段で良いのかな?

なんて思ったりしています。

でも、この日、一番、美味しかったのはやはり、今が旬の秋刀魚のお刺身でした。

続いてなんのお野菜かは忘れてしまいましたが、御浸し。

そして、これも今が旬のナス焼きです。

普通だと、ナスを焼いた後に、皮だけを剥いて1本ないし、2本で提供されるのですが、ここのお店では、綺麗に切り揃えて提供されます。

やはり、旬の食材は美味しいものですね。

そしてお次は今年、お初の秋刀魚の塩焼きです。

まあ今年お初って言っても、確か、今年の1月ぐらいに冷凍の秋刀魚を食べたので、厳密にはお初ではないのですが、秋の味覚という意味では今年お初の秋刀魚の塩焼きです。

しかし、秋刀魚って、身が太いものって、刺身でも勿論とっても美味しいし、塩焼きにしても非常に美味しい。

ただ、昔は、秋刀魚の塩焼きでも、はらわたも食べていましたが、最近は、なんだか苦手になって来て、はらわたは残してしまいました。

そしてここからはちょっとガッツリと飲み始めの食べ始めで、続いてオーダーしたのは、牛タンの塩焼きです。

ただ、此処のお店の牛タンの塩焼きは、当たり外れがある時が多くて、今回は中ぐらいのお味の牛タンでしたが、お値段を考えると、これはこれで有りなのかと思います。

そして箸休めに『梅水晶』を頂きます。

この『梅水晶』はサメの軟骨を梅肉で和えたものらしいのですが、私は梅干しが好きなので、大体こちらのお店で飲む時はこの『梅水晶』を箸休めに頂きます。

そしてお口もさっぱりしたところで、またガッツリ系のアジフライを頂きます。

アジフライでも、スーパーなんかで食べるアジフライは肉薄なアジフライなのですが、此処のお店のアジフライは多分、生のアジを使用しているらしく、身もふっくらとして非常に美味しく頂けます。

そして、アジフライからのカキフライです。


カキフライは、つい先日、ココイチのカキフライカレーで当たったばかりなのですが、やはり牡蠣は大好きな食べ物ですので、当たっても食べたい一品ですね。

これは余談ですが、私は魚系のフライに関しては、と言っても、アジフライとカキフライぐらいですが、ほぼ100%醤油派です。

友人はソース派なのですが、私は断然醤油派です。

そして、ここでまた少しさっぱり系のイカの丸焼きです。

もう居酒屋と言えば、やはりイカの丸焼きは外せない一品ですね。

マヨネーズもついていますが私は生姜醤油で頂きます。

なので、この量の生姜では足りないので、追加で小皿に生姜を別皿で頂いて食します。

ここまでで、結構、多くのおつまみを食べてきましたので、最後は銀杏を頂きます。

この銀杏という食べ物は実に乙なおつまみで、飲みの序盤でも、中盤でも、終盤でも、どのタイミングで食べてもいつも美味しい非常に優秀な酒の肴ですね。

ただ、銀杏は食べ過ぎには注意が必要らしいです。

ぎんなんは古くから『年齢の数以上食べてはいけない』と言われているそうで、昔は銀杏を食べ過ぎて中毒死をしてしまった方も居るとか?

気になる方は銀杏+中毒でググって頂ければ、直ぐに検索でヒットすると思います。

途中からかなり酔っていましたので、これ以外にも何か、食べた可能性も有りますが、酔っていたので、ちょっと分からないですか?

ただ、ここでのお会計が1万3千円少々でしたので、この居酒屋さんのお値段から考えると、これ以外にも何か食べた可能性は有ると思います。

そして、タイトルに有る大人のお店ですが…

なんやかんやで、此処まででかなりの文字数を書いてしまったので、本日はこの記事では書かないことにしますね。

また機会が有れば、大人のお店のお話しはしたいと思いますが、まあ、いわゆる、女性の居るお店で飲んだだけで、そんなに大したお話しではないので、記事にするまでもないですかね?

この『居酒屋・わっしょい(食べログ情報クリック)』は高田馬場・早稲田近辺の居酒屋では、とてもおすすめ出来るお店で、CPがとても高く、とても良いお店なのでおすすめです。

食べログでの評価は3.02とかなり低い点数ですが、若い客層の多分早稲田の学生さんなんかは、宴会コースで、そんなに美味しいものは食べていないでしょうし、それ以上の年齢のお客さんになると、食べログのコアな層からは離れてしまう為に、口コミと評価が少ないのだと思います。

ですが、個人的にはとてもおすすめ出来る居酒屋さんです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。