音楽や趣味のこと。財布やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

エペイオス(Epeios) 音波歯ブラシを使ってみたら予想以上の素晴らしい電動歯ブラシでした。歯磨きの性能に少し不満?もこの価格でこの性能は絶対に買いですね。

※この記事にはプロモーションを含みます。

※この記事は2024年3月29日に作成しております。

Kera

こんにちは、Kera(@kerolog)です

今日は電動歯ブラシのご紹介です。

私は現在のアパートに引っ越して来るまでのおよそ7年間ほど『ブラウン オーラルB』電動歯ブラシを長いこと使用していました。

まあ普通ならばもっと早く買い替えをするのでしょうが電動歯ブラシって基本高い。

長い事使用していた『ブラウン オーラルB』も本来ならば1〜2年程度で買い替えをするのが一般的なのでしょうが私はそういう事にはあまりお金を使いたくは無い。

ブラウン オーラルB

上記の画像をご覧いただければお分かりの様に完全にお釈迦状態でした。

この『ブラウン オーラルB』は確かAmazonで購入した際は6千円を超えていた様な記憶も?

でも流石に7年以上も使用していると一回の使用でバッテリーの赤ランプが点いて途中から使えなくなっていた。

これはもう流石に買い替えをせねばと思いAmazonで電動歯ブラシを物色していましたがどれもこれもお値段がね…

殆どの電動歯ブラシのお値段がほぼ万超えのお値段でちょこっと諦めかけていたら…

私の好きな雑誌の『家電批評』の電動歯ブラシ部門で2年連続でベストバイを受賞していた電動歯ブラシ『エペイオス(Epeios) 音波歯ブラシ』の記事を見かけてAmazonで探してみたら丁度よくタイムセールで5千円以下だったので迷わずポチッと!?

エペイオス(Epeios) 音波歯ブラシの特徴。

『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』を購入したのが2023年も末の12月後半だったでしょうか?

そして2024年の1月1日から使用を始めての感想などを書いて行きたいと思います。

この『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』は正確に言うと電動歯ブラシなのですが俗に言う電動歯ブラシとはモーターが違います。

通常のブラウンなんかの電動歯ブラシは昔ながらのモーターを使用しているのに対し『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』の場合はモーターが違う。

モータが『音波式』のモーターでAmazonでの表記では『ハイテク磁気浮上式モーター』と記載されている。

そのせいか否か今まで使用していた『ブラウン オーラルB』を使用時の音と比較するとその音の小ささと振動の少なさに驚く。

例えが悪いかもですが『ブラウン オーラルB』の運転時のモーター音がスズメバチだとすると『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』の運転時のモーター音は蚊の様に小さい。

(いや、スズメバチの羽の音は実際に聞いたことが無いので想像ですが?)

この音波式のモーターのお陰なのか今まではある種歯磨きTimeは騒音が気になっていたが『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』に変えてからは全く気にならない程のモータ音。

なので快適に使用出来ます。

ここで皆さん気になるのはそのお値段ですよね?

ブラウンの最下位のモデルの『ブラウン オーラルB』の価格が私が購入した際の価格が6千円台でしたでしょうか?

しかしこの『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』に至っては後ほど機能などをご説明しますが機能が満載で尚且つ静かなモーターの音波式モータにも関わらず通常価格が今のご時世で6千円台前半なのです。

しかも私が購入した時には丁度タイムセールで4.455円という破格値で販売されていたので即ポチッとしました。

『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』の機能。

先ずは先述した様に2024年の1月1日から約3ヶ月ほど使用してみての感想を。

先ずは『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』の機能一覧を。

エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』の機能一覧。

メーカー:エペイオス(Epeios) 音波電動歯ブラシ
連続使用時間 ・1回2分の使用時間で約180日
歯磨きのモード ・クリーニング・ホワイトニング・センシティブ・ポリッシング
防水性能 ・IPX7相当(丸洗い可能です。)
充電方式 ・Type-C
充電時間 ・約4時間

特筆すべき事項。

大まかな機能は上記の通りですが特筆すべきは連続使用時間と充電方式でしょうか。

連続使用時間に関しては一回の歯を磨く時間はブラウンと同じく2分間。

それを一日3回使用するとしての連続での使用時間が約180日という長期間の使用が可能なのは本当に便利でものぐさな私にはピッタリの電動歯ブラシですね。

180日って言うと普通に半年ぐらいですよね!?

これって本当に凄いことだと思います。

私の場合は1回の歯磨きTimeは大体4分程度なので通常使用での180日よりも短いはずですが現在約3ヶ月ほど使用していますがバッテリーの充電を促すランプは点灯していません。

また充電方式がType-Cと言うのも時代の先端を行っている様で素晴らしいですね。

付属品

付属品は下記の画像の通りです。

付属品

・本体

・歯ブラシ×2(デュポン社製)

・USB TypeCケーブル

・説明書

歯ブラシのカットの形状がとても歯に合っていてブラシの柔らかさも問題無かった。

『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』をAmazonでポチッとして翌日には商品が届いたので早速ブラシのチェックを。

これは使用後の現在の物の画像となりますがこの様にアーチを描いた様なブラシの形状がもう素晴らしく歯にフィットして歯を磨いていて気持ちが良いほどです。

もう運転する前から歯に合わせるとピタッとフィットして尚且つ毛先が柔らかいのでとても気持ちが良い。

そして下記画像も3ヶ月経っての画像ですが…

この様に本当に弱い力でブラシが曲がると言うかある意味ソフトな毛先だったので使用前は『これって安いけどブラシの交換にお金が掛かるかな?』などと思っていました。

ですが1日3回歯を磨き、それも規定の2分を軽くオーバーしての大体4分超の使用でも上記の2枚の画像の様に全然ブラシのヘタリは感じません。

上記の画像の様に歯ブラシの形状のアーチがとても良く出来ていて歯に当てるだけで癒されると言っても過言では無いのかと思います。

また購入当初に心配していた毛先の柔らかさに関しては機能的にも問題は全く無くむしろ上記の画像のアーチとブラシの柔らかさで歯を磨く事が非常に楽しい時間となりました。

これはブラシの部分がデュポン社製の物という事もあるのでしょうね。

まあ本当に私の好きな雑誌の『家電批評』で伊達に2年連続でベストバイで殿堂入りしているだけの事は有るのかと思います。

この様に割と大きく、また立派なシールを貼れる程の指示を集めているのも伊達では無い電動歯ブラシだと思います。

また簡単に商品の特徴を。

・約180日間保つパワフルバッテリー

・デュポン社製ブラシ

・丸洗い対応

・音波洗浄技術

・静音設計

・4つの歯磨きモード

・高周波振動モーター

などなど機能が満載の電動音波歯ブラシです。

歯磨きの運転モードについて。

『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』には計4つの歯磨きモードが有ります。

・Cleanモード

これは通常の歯磨きに用いる事が多く一番使う運転モードでしょうか?

最初に使用した際『ブラウン オーラルB』との振動の差と運転時の音の大きさで本当に歯が磨けているのかを何度も確認したほどに静かでいてブラッシングの圧もほぼ感じなかった。

ですが『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』を使用した後に再度『ブラウン オーラルB』で歯を磨いてみましたが変化は無しでした。

歯の表面から裏側まで綺麗に歯磨きが出来ていたのでちょっとした感動でした。

・Whiteモード

このモードは主に歯に付着した着色などを除去するモードでCleanモードよりも若干ブラッシングの圧と音波が強くなっている気がします。

私の場合ですが以前から約7年ほど使用した『ブラウン オーラルB』のブラッシングの強さに慣れているせいか基本的にはこのモードで歯を磨いています。

ですが歯を磨き終わった後に鏡で見たり手や舌での感触はCleanモードと大差は無い。

と言うか全く無いのでそろそろCleanモードに切り替えようかと思っています。

・Sensitiveモード

こちらは歯茎を痛めずにブラッシングをする機能でしょうか?

私はこのモードを最初に試したのですが歯科医から歯茎のブラッシングも丁寧に行なって下さいね!?

と言われていたので最初の2分はCleanモードで歯を磨き残り2分でこのモードで歯茎のお手入れをしようかと思っています。

・Polishモード

こちらはCleanモードなどよりもより丹念に歯を磨きあげる際に使用するモードでなんと表現すれば良いのか困りますが小刻みにズンズンと強弱をつけて歯を磨きあげるモードみたいですね。

通常での使用で有ればCleanモードで十分な気もしますがそこは購入された方のお好みに応じて4つのモードを使い分けるのが良いのかとも思います。

上記のモードに関しては最後に歯磨きが終わりスイッチを切った時点でのモードが再びスイッチをONにし使う場合に適用されます。

『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』の弱点?

ここまで『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』を自分で3ヶ月ほど使用した感想などを買いて来ましたが『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』にも弱点が有ります。

これは私だけなのかも知れませんが歯と歯の間の歯間の汚れには少し弱い気もします。

『ブラウン オーラルB』を使用していた際には感じませんでしたが『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』を使用してから特に肉類が歯間に挟まっている場合などはそれらのつまりはかなり念入りにブラッシングをしないと中々除去する事が難しい。

『ブラウン オーラルB』に関しては昔ながらの電動歯ブラシで尚且つ羽先がとても硬いタイプの物でしたので割とゴリゴリと歯を磨く感じです。

なので割と歯間に詰まった食事の後の汚れなどにも威力を発揮していた様に思いますが『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』に関しては先ずブラシがとても柔らかい。

それに加えて通常のモーターとは違い音波式のモーターなのでその辺には少し弱い気もします。

これに関しては重箱の隅をつつく様なある種言い掛かり的な面も有りますが良いことばかり書いても仕方ないし信用を無くす。

あくまで私の場合だけかも知れませんが歯間の詰まり、硬い肉などのスジなどの詰まりに関してはあまり得意では無い様です。

ただこれに関しては『ブラウン オーラルB』時代から有った問題なのでそこまで気にはしていない。

『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』で取れなかった歯間に詰まり物に関しては系ようじなどを用いて除去しています。

ただこの様な事は頻繁に起こるわけでも無いものであまり気にはしていませんが、あえて難点を挙げるとするとこの様な事ぐらいでしょうか?

『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』を買うならAmazonがおすすめです。

『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』を買う際、様々なECサイトが有りますがその中でもおすすめなのはやはりAmazonでしょうか?

何故なら『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』に関しては最低月に1度はタイムセールを行なっている様ですので。

この記事を書いている時点でも通常価格が6.380円の『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』が30%OFFの4.485円で販売されています。

また『エペイオス(Epeios)音波歯ブラシ』に関してはその色の違いで価格も異なって来る様で私の買ったブルーがいつもお安くなっている印象ですね。

でも本当にね…

電動歯ブラシって言うと有名なのがやはり『ブラウン』なのですが私が使用していた『オーラルB』に関してはかろうじて1万円以内の価格で購入出来ますがそれ以外の物に関してはほぼ万超えの電動歯ブラシのみでしょうか?

それらの万超えの電動歯ブラシが沢山有る中で2年連続で『家電批評』のベストバイに輝いたのは素晴らしい事。

そして実際に使用してみて感じた事は記事の通りで素晴らしい電動音波歯ブラシである事は間違いは無いのかと思います。

丁度後数日で新年度なのでこの機会に新しい電動歯ブラシを。

それも進化した『音波式歯ブラシ』を購入するのも良いのかも知れません。

これは個人的には本当におすすめの逸品ですね。

個人的には激推しの逸品です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。