音楽や趣味のこと。財布やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

「Soundcore FlareMini」がお釈迦になられたので新型のAnker「SoundCore2」を購入してみたけれど中々良い感じかも?

※この記事にはプロモーションを含みます。

※この記事は2024年6月6日に作成しておりますので読む時期によっては情報が古くなっている場合もございます。

Kera

こんにちは、Kera(@kerolog)です

昨年の10月末?

に購入したAnker「第2世代Soundcore FlareMini」が昨日急に音が出なくなった。

見たら電源ランプが赤く点滅していたので充電が切れたのかと思い充電しようとするも赤いランプの点滅が消えない…

でもそのまま24時間充電していたが結果的に充電が出来ておらずどうやらお釈迦になった様子?

なのでAnkerさんに電話をしたら故障との事で私は代替品を送ってくれるのかと思っていたら…

なんでも現在品切れ中で入荷の目処は立っていないと言う…

しかも今後生産をするか否かは分からないとの事…

電話で応対に出た担当者の方曰く「もしかしたら終売になるかも?」との事でなんとか一台だけでもどうにかなりませんか?

と聞いたが在庫が既に無いそう…

普通ならばこの様な場合を想定して数十台は余分に在庫を持っているのが普通の企業もその様な対応もしていないと言う..

Anker「第2世代Soundcore FlareMini」の記事はこちらからお読みいただけます。

Anker・Bluetoothスピーカー『第2世代 Anker Soundcore Flare Mini』を購入。迷ったらこれを買えば間違いない素晴らしいスピーカーです。

もうね…

本当にすんごくお気にのBluetoothスピーカーで過去に購入した一流のSONYなどのBluetoothスピーカー等も含めて最高に素晴らしいサウンドでしたが…

諦めるしか無いとか…((涙

で…

電話応対してくれた方の解決案としては別の商品を代替品として送る事も可能と言われましたが…

よく話しを聞いたら「第2世代Soundcore FlareMini」との同時再生は出来ないとの事で…

仕方なくその担当の方に「AnkerのBluetoothスピーカーで同じぐらいの良いサウンドの物って何が有りますか?」と聞いたところ…

ステレオ再生に対応しているのは最新型の「SoundCore2」しか無いと言う…

そこで脳裏を過ったのは「SoundCore」に関してはあまり良い記憶が無い…

担当者の方にその旨を伝えると「SoundCore2」は旧型の物よりもかなり進化していてサウンドも向上していて尚且つステレオ再生に対応しているのはこれだけとの事…

なので少々疑問も有りましたが最新型の「SoundCore2」を代替品で送っていただく事となりました…

そして送られて来たのが下記の最新型の「SoundCore2」です…

いつもならブラックをチョイスしますが今回は気分を変えてレッドを選択も良い意味で赤では無くオレンジ色でした…

Anker SoundCore2のサウンドは?

届いた最新型のAnker「SoundCore2」を早速サウンドチェックです。

確かにAnkerの電話対応してくれた方の言う通りに初代?

の「SoundCore」のサウンドよりもかなり印象が変わった様子?

以前の「SoundCore」はサウンドがこもって聴こえたのですがこの「SoundCore2」に関してはそれらが解消されている様子?

確かに低域から高域まで満遍なくサウンドを出している感じが直ぐに伝わった…

で…

肝心のステレオサウンドは?

と思いステレオ仕様にしようと思いiPhoneのBluetoothに接続をしてステレオ再生が出来る様にトライをしてみましたが…

出来ない…

どうやっても全く出来ないのです…

この最新型の「SoundCore2」についているコントロールボタンは5個のみ…

なのにどれを同時に押してみても全くステレオ再生モードにならない…

※ステレオ再生モードにする方法は後述します…またAnkerさんのHPにもその手順は簡単に出来る様に記載されています…

で色々と調べてようやく2台のペアリングが出来て最新型と言われている「SoundCore2」のサウンドをチェックです…

私が音楽を聴く際に1番多いジャンルはヘヴィメタルなのですが今回は邦楽にJAZZ・クラシック・J-POPそしてヘヴィメタル等ほぼ全ての音楽のジャンルを聴いてみて…

下記の画像の様にデスクに置いて作業をしながら聴く際は確かに中々良きサウンドでした…

普通に横に置くのがデフォだと思っていたので最初はこの様に横置きにして聴いていましたがデスクで作業をしながらならば全く問題は無く素晴らしいサウンドでした…

因みに「第2世代Soundcore FlareMini」を購入してから思ったのですがこれってデフォで音楽を聴く際は各コントロールボタンが上面に付いているのでこれが基本なのかとも思いましたが…

試しに「第2世代Soundcore FlareMini」風に縦に置いてみて音楽を聴いてみましたが…

うん…

この置き方の方が低域から高域までの各パートのサウンドが素直に入って来る感じで素敵ですね。

なのでデスク上で音楽を聴く際にはこの様に縦置きした方が良きサウンドを聴けるのかとも思います。

(個人的な見解なので誤解のなき様お願いします。)

Anker SoundCore2の仕様

 

Anker Soundcore2 仕様
Bluetooth規格 Bluetooth5.0
防水規格 IPX7の防水規格
ステレオ再生 2台を購入ペアリングでステレオ再生可能
連続再生時間 最大24時間※再生可能時間は、音量と再生する内容によって異なります
サイズと重さ 約168 x 47 x 56mm. 約414g

デスク以外のベッドなどで音楽を聴く場合は?

デスクでの作業中に音楽等を聴く際には上記の様に中々良きサウンドでしたが…

私は何にせよ寝ている間にも音楽を聴いて寝ていますのでその際はBluetoothスピーカーの最大の利点であるリスニングポジションによってスピーカーの位置を細かく設定出来るところでしょうか?

この「SoundCore2」が届いた日にベッドで寝る際にこの様にデスクの端と端に置いて音楽を聴いてみたら…

なんだか距離が離れると急激に「SoundCore2」のサウンドがきゃしゃに聴こえてしまう…

まあ下記の画像の様に手の平サイズの小さなBluetoothスピーカーなので仕方が無いのかもですが…

その際には「第2世代Soundcore FlareMini」にはサウンドをメイキング出来る専用のアプリでどうにでもなったのですが「SoundCore2」にはそれが無い…

※そもそも「第2世代Soundcore FlareMini」に関してはデフォでも素晴らしいサウンドでしたのでイコライザは使用していませんでしたが…

なので仕方なくiPhoneのmusicの設定のイコライザでなんとかしていますが…

ただこの置き方だとベッドに対しての角度が斜めになってしまうのでなるべくベッドに対して正面の方向になる様に窓際にこの様に置いています。

(部屋が汚いのはご愛嬌でしょうか?)

ちょっと上記の画像はまだ外が明るい時間なので逆光になってしまい画像が粗いですがこの様にリスニングポジションによって「SoundCore2」を置く場所を変えて聴いています。

これがコンパクトなBluetoothスピーカーの最大のメリットでしょうか?

「SoundCore2」のサウンドの特性?

「SoundCore2」に限らないとも思いますが基本的にスピーカーってスピーカーの前面に音が届く様に設計されていますよね。(一部例外を除く)

なので最初の様にデスクの端と端に置いて「SoundCore2」からの出音を聴くとちょっと違和感がある…

でも初代の「SoundCore」よりもそれらは改善されている様なので最初のデスクの端と端に置いて音楽を聴いてもそこまで違和感は無い。

ですがやはりスピーカーに対して出来るだけ正面で音楽を聴いた方が良きサウンドで聴ける事は確かなのでベッドで寝る際は窓際の両端に置いて音楽を聴いています。

そして「SoundCore2」のサウンドの特性としては全てにおいて無難…

その一言でしょうか?

低域も無難で中域も無難。

ただ高域に関しては少々シャリシャリ感も有る様な印象も受けました。

なのでもっと良きサウンドで音楽を聴きたいのであれば「SONY」とか「BOSE」に「JBL」などのスピーカーで有名な企業のスピーカーを買えば良い事かと?

その代わりに価格は「SoundCore2」の倍の価格はするのでその辺との兼ね合いでしょうか?

※但し一軒家など割と大きな音量で音楽を聴ける環境の方は割と良い感じのサウンドに変わりますのでその様な方にはおすすめも出来るでしょうか?

試しに我が家で恐らく隣人から苦情が来る?

レベルで音楽を聴いたところ中々の迫力で音楽を楽しめましたので…((ちょこっと大袈裟?

Anker SoundCore2をおすすめ出来るタイプの方。

今まで記事にして来た様に「SoundCore2」に関しては確かに初代の「SoundCore」よりも全てにおいて進化はしている様子。

なのでサウンドにはそこまで拘らずに気軽に音楽を楽しみたい方には「SoundCore2」でも十分でしょうか?

「SoundCore2」の特筆すべき性能はやはり2台接続で「ステレオ再生」が楽しめる事に尽きますか?

なのでデスクでの作業が多くその際に音楽を聴かれる方にはこのお値段ならば十分に満足の行くBluetoothスピーカーだとも思います。

本当にせっかく新型の「SoundCore2」を購入するのならばやはり「ステレオ再生」が可能になる2台を購入するのは絶対的に必須条件だとも思います。

逆におすすめ出来ないタイプの方はBluetoothスピーカーであれどサウンドのクオリティは落としたくないと言う方には絶対におすすめは致しません。

その様な方は先述した様に「SONY」や「BOSE」に「JBL」などのメーカーの物を購入することを強くおすすめ致します。

「SoundCore2」に関してはあくまで音楽のライトユーザーがメインになるのかとも思っておりますので良きサウンドを求める方にはあまりおすすめは致しません。

※但し上記にも記載している様に割と大きな音量で音楽を聴ける環境の方は「SoundCore2」でも十分イケるかと思います?

「SoundCore2」のステレオ接続の方法。

ここで冒頭にお話しした「SoundCore2」のステレオ接続の方法です。

1.まずはBluetooth接続をする前に「SoundCore2」の電源を共にONにします。

2.2台の「SoundCore2」の電源をONにしたら上面のボタンのBluetoothマークのボタンを同時に2〜3秒押したままにします。

3.後は各Bluetoothデバイスに「SoundCore2」を接続すれば「ステレオ再生」が可能となります。

たったこれだけです。

私の場合は先にデバイスのBluetooth接続をしてから格闘したので本当に「ステレオ再生」にするまで30分ほど格闘をしましたがたったのこれだけの作業で「SoundCore2」の「ステレオ再生」が可能となります。

その際デバイスのBluetoothの接続画面には「SoundCore2」の文字が2列表示されるかと思いますが下記の画像の様に一つの「SoundCore2」の方にしか接続のマークは付きませんがこれで大丈夫なのです。


このiPhoneは音楽の再生専用に家に置いている物なのでiPhoneSE2です…

でも本音では何故Ankerの「第2世代Soundcore FlareMini」が入荷未定で終売の可能性も有るのかが全く持って訳が分からない。

この記事の冒頭で「第2世代Soundcore FlareMini」の記事をご紹介しましたが…

何故あんなにも素晴らしいBluetoothスピーカーが現在は製造をしていなく売り切れ状態でもしかしたら終売なのかが全くもって意味不明です。

「SoundCore2」の記事の画像で「手の平サイズ」と画像でお見せしましたが実際のサイズは下記の画像の様に「SoundCore2」と「第2世代Soundcore FlareMini」のサイズ感の違いはこんな感じなので…

片手で撮影したので角度で「第2世代Soundcore FlareMini」の方が大きく見えるかもですが実際のサイズ感はほぼ同じです。

しかも「第2世代Soundcore FlareMini」の画期的なところは360度にサウンドが広がると言う設計で、尚且つ2台同時接続で「ステレオ再生が可能」と言うところが本当に素晴らしい商品です。

多分ですが他の大手企業…

スピーカーで有名な「SONY」や「BOSE」に「JBL」などでもこの様なBluetoothスピーカーは販売をされていないとも思いますが?

そして「第2世代Soundcore FlareMini」の価格に関してですがAnkerの公式サイトで見ても最新型の「SoundCore2」の価格が5.990〜となっておりますが…

私が「第2世代Soundcore FlareMini」をAnkerの公式サイトで購入した際の価格が3.990円と最新型の「SoundCore2」よりも約2千円ほどお安いのに…

そのサウンドは控えめに言っても100倍(大袈裟..)は「第2世代Soundcore FlareMini」の方がサウンドに性能面で見ても良きかと思われます。

また「第2世代Soundcore FlareMini」にはAnkerの「Soundcore」のアプリが使えて様々なサウンドメイキングが出来る。

ただ「第2世代Soundcore FlareMini」に関してはデフォルトのサウンドで全く問題が無く使用出来て下手をすると最新型の「SoundCore2」のステレオ再生のサウンドよりも「第2世代Soundcore FlareMini」一台で再生した方がサウンド面でも良きかとも思う。

「第2世代Soundcore FlareMini」を使用していた際は部屋の端と端に固定して使用していましたが360度のサウンドの出音に加えステレオ再生という事が相まって部屋の何処に居てもまるで音楽のシャワーを浴びている様な感覚でこの価格でこのサウンドは絶対に無理!?

と言う程に素晴らしいサウンドで一度あのサウンドを体験してしまうと…

恐らくスピーカーで有名な「SONY」に「BOSE」や「JBL」等の企業でも「第2世代Soundcore FlareMini」のサウンドと同等のサウンドを再現しようとしたら…

少なくとも5〜6万円超の価格になるかと思われますので…

確かに「第2世代Soundcore FlareMini」の後継機種も新発売されている様ですが、その価格が1万円超に対して「ステレオ再生」は不可という不思議さ?

もしかしたら第3世代の「Soundcore FlareMini」の開発と製造がもうされているのかも知れませんが?

そこは電話応対してくれた方でも分からないとの事なので…

そんなに良い音で音楽を聴きたければ普通にコンポを買えば良いのでは?

と思われる方も多いかと思いますが…

私は基本、部屋に物が多いのは苦手な自称「ぷちミニマリスト」なもので…

それにミニコンポを購入しても「第2世代Soundcore FlareMini」の様な部屋中が音楽のシャワーで満たされる感覚は味わえないとも思う…

なので本当にメーカーの「Anker」さんの今後には期待大でしょうか?

今日の記事はあくまでも新型?「SoundCore2」のレビュー記事なのですが…

最後にどうしてもこれが言いたかった…

Ankerさん本当にまぢでお願いしますm(_ _)m

最後に一言だけ…

色々と好き勝手に書いて来ましたが実際問題コスパはかなり良く…

と言うか素晴らしく良く、普通にデスクなどの至近距離で音楽を聴く方にはかなりおすすめ出来ます…

また少し離れた場所で聞く際もある程度の音量を出せれば「SoundCore2」の本来の実力は発揮出来ます…

ですので余程壁が薄いアパートなどにお住まいの方以外でしたら少々音量を上げたら普通に良きサウンドで音楽を楽しめますから普通にと言うかかなりおすすめなBluetoothスピーカーだと個人的には思っております…

※あくまでこの記事は個人的な見解ですm(_ _)m

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。