競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

昨夜は四谷の焼き鳥の名店『ただ野』さんで焼き鳥三昧でした。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

昨夜は風邪気味にも関わらず、なんだか焼き鳥が食べたい気分だったのでもう30年近く通っている四谷の焼き鳥の名店の『鳥料理・ただ野(食べログ情報クリック)』さんで焼き鳥三昧をしてきました。

 

こちらのお店自体も開店して約30年で、入れ替わりの激しい四谷の飲み屋さんの中では中堅というか、もう老舗の域に達しているかのような感じで、いつ行っても混んでいて本当に美味しい焼き鳥を堪能できます。

 

私も約30年近く通っているお店なので、お店に行ってもいわゆる注文はせずに大体いつもマスターが適当に焼いてくれます。

 

昨日はまず出てきたのが『鳥わさ』でした。

そして鳥わさを食べているあいだに串を焼き始めていただき最初に出てきたのがささみです。

このささみも中はレアでほんのりと火がとおっている程度で塩焼きの山葵乗せでいただきます。

そしてお次の串はレバー焼き。

こちらも塩でいただきますが中はレアです。

そして砂肝です、これもコリコリとした食感でとても美味です。

そしてお次はうずらの卵。

此処のお店のうずらの卵は半熟で、本当に気を付けて食べないと串からうずらが外れてしまうぐらいの半熟でこれまたとても美味。

そしてムネ肉のネギ巻き。

これって本当に美味しくて、さっぱりとしたタレで焼いているのですが、ムネ肉もネギの美味さも最大に引き出している逸品です。

そしてお次は皮ですが、ここのお店の皮って他のお店で皮を食べられないかたなんかでも食べられるほどで、普通の焼き鳥屋さんだと皮ってぶよぶよですがここのお店の皮は串にぎっしりと刺してあり、焼きもカリカリに焼いているので皮嫌いの方でも多分食べられると思います。

そしてお次はこのお店の名物のだんごです。

他のお店だとつくねっていうところが多いですが、こちらはまさにだんごで一口ほおばるともう肉汁が口のなかいっぱいにあふれてきて至福のひと時です。

そしてお次は手羽焼きですが一般的には手羽は塩で提供されるのですが私にはいつも塩焼きとタレ焼きの2種が出てきます。

確かに塩で食べても美味しいのですがタレ焼きだとさらに美味でもう最高のお味です。

 

そして最後にぼんちりをいただきました。

これもタレで焼いてあるのですが香ばしい香りでネギを乗せて食べるのですがこれが本当に美味しいです。

ここいらでマスターがまだ食べる???

って聞いてきたのでまだまだ食べられますって答えたら軟骨の牙つきのものを焼いてくれて

これがまたジューシーで美味い。

これって反則だよね~ってお味でした。

 

そしてもも肉の塩焼き山葵乗せもいただきました。

で、この他にも食べたのですが写真を撮り忘れた串も2~3本あったかな。

 

で昔はお皿に乗って出てきた厚揚げですがある時から串に刺さって提供されるようになりこれまた美味です。

いやしかしここまでで何串たべたんでしょう。

写真を撮り忘れたのもありますし、リピートした串もあったので多分30串ぐらいは食べましたか。

まあいつも、もっと食べたいっていうとマスターが止めるほど私は大食なものでほかのお客さんも珍しそうに見ているみたい。

 

で、最後に〆の逸品で『そぼろ丼』の大を注文。

これが本当に美味しい。

まあ美味しいしか言葉を言っていない感じですが、もうそれ以外の言葉が思いつかないほどにどれをとっても美味しいものばかりです。

 

このお店ではいつも焼酎の梅干し炭酸割りをいただくのですが昨日はボトルが空いてしまったのでニューボトルを入れたのでお会計はね

そこそこしましたが…

まあ何気にちょっと高い気もしますがそれだけの量を食べていますから納得のお値段ですかね。

 

それに日本酒もいろいろといただきましたし。

 

普通の方が飲んで食べる分には5千円ぐらいの予算ではないでしょうか。

 

食べログでの評価は低い感じですが、そもそも此処のお店の常連さんたちは食べログに投稿するような客層ではないので食べログの点数も分かるような気がします。

参考 鳥料理・ただ野食べログ

まあしかし美味しいものをいっぱい食べて本当に幸せなひと時でした。

因みにこちらのお店は繁盛店ですので、行かれる際は、予約をしてから行った方が確実です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。