競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

孤独死は他人事ではない・孤独死をしないためにたった一つすべき事を考える。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

近年、孤独死というものが増加していることが問題になっておりますが、孤独死は他人事ではないと最近思っております。

そういうのも私も人生の折り返しの年齢に達し、扶養家族が居るわけでもなく、現在独り暮らしの身だからです。

そして扶養家族が居ないばかりか、親戚間でのお付き合いも全く有りませんし、両親も他界していて現在は天涯孤独という感じで日々過ごしております。

多分、皆さんは孤独死というものは70歳・80歳以上のご老人の行く末かと認識している方も多いかと思いますが、実は30代・40代でも孤独死という突然死の現象が起きている事も多々あるという事を昨年のネット記事でちらっと見ました。

そういった事実はあまり新聞などのメディアでは取り上げられない事実なのでしょうし、一個人が亡くなったぐらいでニュースになっていたら新聞の紙面が何枚あっても足りないので、そういったニュースはネットの記事の片隅でしか語られないのかも知れません。

ですが、確実に老年層はともかく、若い年齢層にまで現在は孤独死という事実が有るのも事実みたいです。

孤独死になりやすい人々。

孤独死というからには、誰にも亡くなった事実を認識されずに発見されるというのが、孤独死の定義であると思っておりますが、現代社会では他人との接触をしないで生きている方々も非常に多い傾向にあるかと思われます。

現在は職業の多様化で、例えば個人で仕事をやっているフリーランスという職種も認知されておりますが、そのような方々でも社交的であれば問題は無いのかと思われますが、中には内向的な方々も多く存在すると見られ、そういった方々は仕事を請け負う時や発注する時も基本的にはメール1本で済ませてしまう方々も多いかと思われます。

そういう方々の多くは、深く人間関係を築かずに仕事をする方々が多いので、メールが途絶えても仕事の相手は気にする事もなく、淡々と自分の仕事をしていて、連絡がない事を気に留める方もそう多くはないかと思われます。

そういった方がもしもお亡くなりになられても、仕事相手の方が気づくまでに相当の時間を要する事は容易に想像出来ます。

孤独死をしないためにすべきたった一つの事。

1週間に最低1回は安否確認を出来る友人を複数人持つ。

もうこれに尽きると思います。

これが一人だけだとやはりその友人も忘れる事も有るかと思いますので、出来れば2~3人はそういった友人を持つことが、孤独死をしないための1つの有効な方法だとも思っております。

私もそういう友人を確保しています。

実は私も人生の折り返しの年齢になった時に友人とそういった話しになり、協定を交わして毎週土曜日にメールで安否確認をするという事をしております。

本来ならば3日に一度ぐらいの頻度の方がより良いのでしょうが、現状ですとやはりそこまでひっ迫している状況ではないので、週に1回の安否確認メールで対応しています。

メールの連絡が途絶えたら実際に安否確認をしに行く。

そして友人との安否確認をする際に協定で、週に1度のメール連絡が途絶えたら、相手の家に実際に安否確認に行くというものです。

なので私と友人はお互いに家の合い鍵を持っていますので、もしも週に1度の安否確認メールで反応がない場合は相手の家に上がりこむ事になっていますので、
万が一の時は、少なくとも、最長、1週間以内には発見されるという事になっております。

出来れば孤独死をした時の連絡先を聞いておく。

これは無いにこした事は無いのですが、万が一の時に、親族の誰に連絡を取るのかも決めておいた方が良いかと思います。

いくら友人とはいえ、孤独死の現場を発見出来たとしても、その後の事までは対応は出来ないですから、やはりそこは親族にお任せする以外に方法は無いので、そういった事は必須だとも思っております。

以上の事は最低限やるべき事だと思います。

まあ、正直言えば、自分が死んだあとに孤独死で発見されたとしても、直ぐに発見されたとしても自分が亡くなった後の事なんていうのは自分にはあまり関係のない事なのですが、やはり残された方の為には、出来るだけ言い方は変ですが、フレッシュな状態でのご遺体で発見された方が何かと良いのかとも思いますので。

因みに現時点でも、孤独死に関するサービスは民間でも低額でのサービスが有りますので、そういったサービスも付加すれば、より安全策を取れる事と思います。

今日は孤独死についての記事となりましたが、出来れば私が思う人生の最後は病院のベッドで痛みもなくあの世に行ける事が一番の望みですか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。