競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

暑い夏は簡単で美味しい、戸田久・もりおか冷麺(生)がお勧めです。

Kera

こんにちはワードプレス若葉マークのKera (@keranolog) です。

この時期美味しいのがそうめんや冷や麦ですが
そういったTHE夏代表の麺類の弱点は
1週間も食べ続けると飽きてしまう事ですか?

自分も一昨年までは、もう美味しいとは
思わないのに、ひたすら義務の様に
そうめんや冷や麦を食べていました。

昔は近所のスーパーにも冷麺って売っていたの
ですが、最近は置いていないし、扱っている
スーパーでも高いので敬遠していましたが
去年の夏前にどうしても冷麺が食べたいと思い
amazonで探していたら人気でレヴューも
多かった『戸田久・もりおか冷麺(生)』が
有ったので試しにポチっとしましたが
これが予想以上に美味しかった。

ですので去年の夏は殆どそうめんや冷や麦は
食べずに、ひたすらこのもりおか冷麺を
食べていました。

個人的にですが、冷麺って年間を通して
食べている印象ですね。

自分はよく焼肉を食べに行きますが
焼肉の〆は決まって冷麺を食べていますが
正直、あのチャーシューとかがいっぱい
乗っている冷麺はそんなに好きではない。

基本、冷麺と言ったらスープと麺だけで
満足な私です。

この『戸田久・もりおか冷麺』は作り方も
とっても簡単です。

1袋の中に入っているのは、麺が2食分と
スープが2食分入っています。

この細長い方の赤いのがキムチの味の
スープの素で、これがまた美味しいのです。
そしてこのキムチ味の素が結構辛い。

自分は辛いのが好きだから全部入れていますが
最初は味をみながら自分の舌に合った量を
入れていくのが良いと思います。

因みに本日食べた冷麺には画像的に
スープと冷麺だけではなんだか寂しいので
キムチとゆで卵も入れていますが、基本的には
いつもスープと冷麺の麺だけで食べています。

たまにゆで卵は入れていますが。

そしてこの戸田久のもりおか冷麺の
美味しい食べ方は麺を茹でている間に
スープをどんぶりに入れて作っておき
氷を沢山入れてスープをキンキンに冷やして
おくのがベストだと思います。

戸田久のもりおか冷麺は袋の裏に書いて
ある説明だと、スープは200㏄の水で
割って作るって書いていますが。個人的に
お勧めなのは水は130~150㏄ぐらいに
しておいて、氷をガンガン入れてキンキンに
冷やしたスープの中に茹で上げた冷麺を
入れて食べるのが一番美味しいと思います。
規定の量でスープを作ると、スープを冷やす
為に入れている氷が溶けてしまい、スープの
味が薄くなってしまいますので、そこは注意ですね。

ただお味の濃さは人それぞれ好みが有りますから
そこは自分の舌で確かめてから作って行くのが
良いかと思っています。

Amazonで冷麺って探すと色々と出て来ますが
個人的には全部買って試しましたが、やはり
『戸田久・もりおか冷麺(生)』が
一番美味しかったと思っています。

因みに画像では結構量が有る様に見えますが
これは1袋の2食分の量ですから普通の方は
1食分しか召し上がらないと思いますので
1食あたりのお値段はとっても安いと思います。

Amazonって値段が変わる時があるので
一概には幾らとは言えない部分が有るのですが
自分の買った時のお値段は1袋・2食分で
376円で、1食あたりに換算すると
188円ですから、そのお値段はとても
リーズナブルなお値段だと思っています。

自分の場合は基本的に1回で2食分を食べるので
1食あたり376円ですが、一般の方でしたら
1食あたり188円なので確かにそうめんや
冷や麦の方がお値段は安いとは思いますが、
先述した様にそうめんや冷や麦って、本当に
1週間もするともう見たくも無くなりますから
やはり暑い夏こそ冷麺が美味しいですよね。

ただこれだけは言っておきますが、この冷麺に
限らず、冷麺には大量の氷を入れて食べた方が
本当に美味しいと思いますよ。

因みに自分の場合は一箱・10袋入りで
買っていますが、amazonmでの販売の
単位はパントリーだと2食入り・1袋から
購入出来ますが、パントリーを利用しない
場合は2食入り・1袋×5袋になります。

ただ、この冷麺は美味しいので、多分
直ぐに食べてしまい、即リピは確実だと
思っています。

まあそうめんや冷や麦もたまにならば
美味しいですし、そうめんでも高級品は
本当に美味しいですから別にそうめんでも
良いのですが、暑い夏こそ冷麺でしょ!?

っていう記事でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。