音楽や趣味のこと。財布やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

Anker・Bluetoothスピーカー『第2世代 Anker Soundcore Flare Mini』をレビュー。この価格では味わえないサウンドがお値段以上です。

※この記事にはプロモーションを含みます。

Kera

こんにちは、Kera(@kerolog)です

先日、ベッドタイムとお風呂用に、Bluetoothスピーカーを購入したのですが、やはり記載されていた内容と違い、防水仕様で無かったのが引っ掛かり、新しくBluetoothスピーカーを購入しました。

今回はサウンド面でもこだわり、2代前の『SONY SRS-XB21』のサウンドを上回る物を探しておりました。

私は、基本、音楽に関する物に対してはかなりこだわる方ですので、当初はハイレゾ仕様のミニコンポを探していました。

ですが、自称、『プチミニマリスト』の私としては、これ以上、部屋に物が増えてしまう事も正直嫌だったもので、場所を取らないBluetoothスピーカーを購入する事に。

色々と検索し、各メーカーから販売されている物を見て色々と検討した結果、先日壊れてしまった、Amkerの旧『Soundcore』より、サウンド面で飛躍的な進化をしているとの事で同じAnkerのBluetoothスピーカーで検討しました。

結果、形状も気に入り、1台でも360度の範囲でいい感じで聴けるという、第2世代の『Anker Soundcore Flare Mini』を購入です。

ご覧のように、縦長の円形状のBluetoothスピーカーです。

最初はこれ1台でも良いかな???

と思っておりましたが、メーカーのホームページを見ていたら、第2世代の『Anker Soundcore Flare Mini』からは、2台接続で、ステレオ再生が出来るという事。

それに加えて、価格が一機、3.990円という事を鑑みて、Ankerの第2世代『Anker Soundcore Flare Mini』の購入を決意です。

そして、今回は購入してから10日間、様々な音楽を聴き、尚且つ様々な場所で音楽を聴き、またイコライザーなどを試した結果でのレビューとなります。

第2世代 Anker Soundcore Flare Mini

先ずは、第2世代『Soundcore Flare Mini』を1台のみで音楽を聴いてみましたが、おっ!?

って思ってしまいました。

以前の旧『Soundcore』のサウンドにはちょっと不満が有ったのですが、第2世代の『Soundcore Flare Mini』を1台のみで室内の様々な場所に置いて、尚且つ音楽のジャンルを変えながら聴いてみましたが、これ1台でも、サウンド面に関しては十分だとも思いました。

メーカーの売り文句の中に、360度で広がりのあるサウンドが楽しめるという事に関して、全く偽りの無いサウンドとなっております。

私は、AnkerのBluetoothスピーカーに関しては、旧『Soundcore』のイメージが強くて、正直に言うとあまり期待はしていなかった。

ですが、この第2世代の『Soundcore Flare Mini』のサウンドはかなりの進化で、旧『Soundcore』Bluetoothスピーカーとは比較にならない出来栄えです。

これが本当に同じメーカーの商品なのかとも思ってしまったぐらいに、これ1台でも、十分に音楽を楽しめる出来栄えのBluetoothスピーカーです。

 

そして、一通り1台で、様々な場所で音楽を聴いたのち、満を持して、2台を接続して、ステレオサウンドでの音楽鑑賞に。

とりあえず、普段、音楽を聴く場所で一番長く聴くポジションのデスクに置いてステレオ接続をし、音楽を再生してみたら…

これが本当に素晴らしいサウンドで、1台でも広がりの有ったサウンドが、ステレオ接続によって、まるでコンサートホールで音楽を聴いているかの様な錯覚に陥りました。

1台で音楽を再生していた時は、音の広がりが際立っていましたが、2台接続をし、ステレオで聴いていたところ、各楽器の音が一つ一つ重なって、広がりの有る素晴らしいステレオ再生でした。

この手のBluetoothスピーカーの場合、意外と、各楽器の音が混ざって聴え、尚且つそれにボーカルも入るとちょっと音像がボヤけた感じになるのが一般的です。

しかし、この第2世代『Soundcore Flare Mini』に関しては、全くボヤけた感じはしなく、全ての音がきちんと聴えていますが、上手く調和されて、素晴らしいステレオ感が味わえ、尚且つパワーも十分で迫力のあるサウンドを楽しむ事が出来ます。

画像では、MacBookの両隣りに置いておりますが、様々なポジションで音楽を聴いていたところ、このスピーカーの位置よりも現在はかなり離しています。

大体、MacBookから各30cmほど離して置いて音楽を聴いた方が、よりステレオ感も強調され、サウンドの広がりもより広域に渡って広がりを感じられるので、現在はこの間隔で音楽を楽しんでおります。

第2世代『Soundcore Flare Mini』の評価とスペック

では、第2世代『Soundcore Flare Mini』の評価を先にしたいと思います。

第2世代 Soundcore Flare Mini の評価
高音域
(4.5)
中音域
(4.5)
低音域
(4.0)
ステレオ感
(5.0)
Bluetooth・接続性
(5.0)
価格
(5.0)
総合評価
(5.0)

通常、私の音楽関係の評価はかなり辛口での評価になっておりますが、それでも総合評価に関しては満点の5.0です。

第2世代『Soundcore Flare Mini』のスペック。

製品名 第2世代『Soundcore Flare Mini』
サイズ・重さ 86×72×141mm 約480g
防水規格 IPX7
接続方式とBluetooth規格 Bluetooth    Bluetooth5.0
オーディオ出力 10W(5W×2)
連続使用可能時間 12時間
充電時間(ゼロからフル充電までの時間) 3時間
アプリ Anker soundcoreアプリ(App Store及びGoogle Play ストア)
イコライザー Anker soundcoreアプリ BASS UP・イコライザー デフォルト4種&カスタム

上記の様に、評価及び、スペックに関しても申し分の無い評価及びスペックです。

先述した様に、私は音楽関係の事となると、かなり辛口の評価をするのですが、それでもこの評価で有るという事はこの第2世代『Soundcore Flare Mini』の素晴らしさがお分かりになるのかとも思います。

パソコン用のスピーカーにしても最高のサウンドを味わえます。

私の使用しているパソコンはMacBook Proなのですが、デフォルトのスピーカーでも音は割と良い。

普通にAmazon primeビデオなどを観る際にも、デフォルトのスピーカーを使用して視聴しています。

ですが、上の画像の様に、この第2世代『Soundcore Flare Mini』を購入後、MacBook Proに繋げて、Amazon primeビデオで、特にアクションものや、SFものなど。

映像に加えて、臨場感のあるサウンドも楽しみたいのならば、この第2世代『Soundcore Flare Mini』をBluetooth接続で視聴すると、より迫力が増します。

実際に、この第2世代『Soundcore Flare Mini』をMacBook ProにBluetooth接続し、何本か映画を視聴したところ、デフォルトのスピーカーでは味わえない臨場感がマシマシで、とても楽しく映画を視聴出来ましたし、そのサウンド面での迫力に関しては、映画館ほどでは無いにせよ、かなり臨場感のある迫力の試聴を楽しめました。

また私の場合の体験ですが、第2世代『Soundcore Flare Mini』をBluetooth接続で映画を試聴しましたが、遅延などの障害もなく、素晴らしいサウンドで映画を楽しむ事が出来たので、これも一つの収穫でしょう。

そういった面で見てもこの第2世代『Soundcore Flare Mini』の優秀さが非常に分かりやすく伝わって来てとても気に入りました。

第2世代『Soundcore Flare Mini』のちょこっと残念な点。

上記の様に、評価としてはこの価格ではあり得ない程、素晴らしいのですが、少し残念な点も有ります。(これは重箱の隅をつつく様な点ですが。)

1.イコライザーのベースが4種類ありますが、デフォルトモード以外のプリセットのサウンドがちょっと残念。

第2世代『Soundcore Flare Mini』に関しては、メーカーの『Anker』からスマホで操作出来るアプリがiPhoneとGoogle、それぞれから入手出来ます。

プリセットのイコライザーの種類は下記の通りです。

1.デフォルト

2.ボイス

3.トレブルブースト

4.バランス

の4種類のプリセット・イコライザーが有りますが、これが正直言って聴いていて辛い感も。

1.デフォルトに関しては、全ての音楽を聴く上で最適になる様にセッティングされていますが、それ以外のイコライザーはあまり使えない。

唯一、4.バランスがある程度使える感じもしますが。

残りに関しては正直言って微妙かな。

このプリセットイコライザーに関しては、上記の4種での味付けよりも、より明確に、『デフォルト』・『クラシック』・『POP』・『ROCK』などに限定した味付けのイコライザーの方が使い勝手は良かったはずです。

2.カスタムのイコライザーの場合、 BASS UPが使用出来ない。

イコライザーには、任意で設定出来るカスタムモードのイコライザーが有りますが、これは任意で設定出来るので、より好みに応じた設定が可能です。

ですが、プリセットのイコライザーに関しては、全てBASS UPのオンが適用されますが、カスタムイコライザーで設定した場合、BASS UPは使用出来ないのが微妙に不満です。

私は結構、カスタムイコライザーを使用して、聴く音楽に合わせてカスタムして聴いていますが、どうしてもカスタムイコライザーの場合、BASS UPが使用出来ない。

なので、いくら低域を最大にしても、BASS UPモード以上の低域の強調がされないので、そこがとても不便だと思います。

3.確かにステレオモードでは素晴らしいサウンドも、もう少し音の広がりが欲しい。

第2世代Soundcore Flare Miniを単体で聴くと、下の画像の様なシステムになっているので、サウンドが確かに360°で聴こえる感じはします。


ですが、2台を接続して音楽を聴いていると、確かにステレオ感は素晴らしいのですが、単体で聴いていた時よりも、音の広がりがちょっと狭まる感じがするのが、ちょっとだけ残念です。

再生時間は、出来たら24時間は欲しかった。

Anker『第2世代Soundcore Flare Mini』のフル充電時の連続再生時間は12時間となっております。

また、充電が0の状態からフル充電する場合、充電にかかる時間は約3時間。

私の場合の使用方法だと、大体平日は3日に1回。

休日になると下手をすると1日で充電を余儀なくされます。

なので、欲を言えば、連続再生時間に関しては、出来れば24時間程度が望ましい。

欲を言わずとも、せめて15時間の連続再生時間は欲しかったのは正直な感想です。

ただ、平日の使用頻度の場合だと大体3日に1回の充電なので、普通のユーザーならば十分に満足出来る事と思います。

Anker 第2世代Soundcore Flare Miniの総評。

最後にちょっとした難点というか、小さい問題では有りますが、それを上記に記載した様な感じでの不満は有ります。

ただし、メーカー小売価格にAmazonでの小売価格は同じなのですが、1台で3.990円という価格を考慮すると、一言…。

素晴らしい!?

の一言です。

いや、本当に、この後に量販店に行き、当初購入予定であったハイレゾ対応のミニコンポのサウンドを聴いてみました。

そちらは確かに大きな音にすると、ハイレゾ対応のミニコンポの方がサウンド的には優れていた。

但し、その、ハイレゾ対応のミニコンポに関して、普通にアパートの部屋で聴く音量ですとあまり違いは分からなかった。

また、その価格が5万円台後半で、ほぼ6万円。

それも、ポイントを込みでのお値段です。

それに対して、Anker『第2世代Soundcore Flare Mini』の価格は一台で3.990円。

ステレオで聴く事を前提に、2台を購入しても、7.990円と、その価格差は5万円以上です。

そうした面を考慮し、尚且つ、アパートで実際に聴く音量での評価に関しては、正直に言って違いが分からない程度の差でした。

こうした全ての項目を考慮すると、どうしてもAnker『第2世代Soundcore Flare Mini』に軍配が上がるでしょう。

先述した様に、私は音楽に関しては、割とというか、かなり辛口の意見をするのが常なのですが、このAnker『第2世代Soundcore Flare Mini』に関しては、総合的に見て、文句のつけようが無いとしか言いようの無い、とても素晴らしいBluetoothスピーカーです。

これがBluetoothスピーカーとしてでなくても、この価格とサウンドに機能を考慮すると、現在、普通のアパートで聴く際の音量で言うと非常に優れた製品となっていると、自信を持っておすすめ出来るスピーカーでしょう。

ちなみにおすすめなのは、『第2世代Soundcore Flare Mini』を購入する場合、個人的には絶対に2台購入してステレオでのサウンドを楽しむ事を強くおすすめ致します。

世の中、絶対という言葉は存在しないと思われますが、この『第2世代Soundcore Flare Mini』に関しては、絶対に2台購入しステレオサウンドで存分に音楽を楽しんでいただく事を推奨致します。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。