ジャングルみたいにカオスなブログです。

オーディオテクニカ・ ATH-M20xモニターヘッドホン・素材の音を素直に聴けるヘッドホンです。

Kera

こんにちは、Kera (@keranolog) です。

こちらのオーディオテクニカ・ATH-M20xは
かれこれ2年ほど使用をしていましたが、
先日、酔って帰宅した際に間違えて踏んづけてしまい、
下記の様にもろくも壊れてしまったので、今回、新たに
amazonで購入をしました。

このモデルの他にも、他社のモニターヘッドホンを
量販店で聴き比べてみましたが、このATH-M20xと
価格差ほど、差の無い音質でしたので、
今回もATH-M20xを購入しました。

モニターヘッドホンとは?

こちらの機種はモニターヘッドホンといわれる
グループに属していますが、そもそもモニターヘッドホン
とは何か?
というと、音のプロなどが細かなサウンドを
聴き分けるために作られたヘッドホンで、
主にDTMなどで細かい音の修正など正確な
サウンドを聴き分けるために作られている
ヘッドホンです。

以下の説明は基本的に音楽を聴いていく上での
モニターヘッドホンの役割を主に記事にしています。

モニターヘッドホンのメリット・デメリット。

モニターヘッドホンにも音楽を聴く上での
メリットとデメリットが有りますので、
以下、その事について、書いて行きます。

メリット

何重にも重なった音を聴き分けられて、
そのアーティストがどの様な手法でその
音楽を作り上げたのかを聴き分けられる。

デメリット

低域から高域まで音に特性が無く、フラットな
音質にしてあるので迫力の有るサウンドは
楽しむことが出来ない。

何故モニターヘッドホンを購入したのか?

最近ではBluetoothヘッドホンなども人気なのですが、
私は趣味でギターを弾くのですが、その際に
ギターアンプから直接音を出すと近所迷惑になる事も
有り、有線のこのヘッドホンを購入しました。

カナル型のヘッドホンも幾つか所有していますが、
何故このモニターヘッドホンを購入したかと
言うと、モニターヘッドホンというだけ有って
細かいサウンドなども聴き分けられますので
やはりモニターヘッドホンを1台は持って
おいた方が良いかと思われます。

モニターヘッドホンの特徴

皆さんご存知の様に、アーティストがCDなどを
作る時は、様々な楽器を何重にも重ねて
レコーディングをしていますので、通常の
カナル型のヘッドホンやモニターヘッドホン以外の
ヘッドホンでは、各社によって、様々なサウンドの
味付けがなされていますので、そういった細かく
重ねた音を聴き分けるのは、正直、難しいかと思います。

ですが、この様なモニターヘッドホンは本来、
何重にも重なっている楽器の音も区別出来るという
特性が有りますから、初見で聴く音楽などは
最初にどんな音がCDや音源に入っているのかを
聴いてみる必要も有ります。

モニターヘッドホンというだけ有って、何重にも
重なっている音も聴き分けられる特性がありますが、
同時に低域から高域のサウンドを聴き分けるため、
その音質はフラットな音質なので、サウンドに
迫力が欲しいとか、重低音のサウンドが聴きたいと
いう方には向かないヘッドホンだとも思っています。

そして音楽をライトに聴く方で有れば、普通に音楽を
聴いていても問題は無いのでしょうが、そのアーティストが
どんなサウンドを作り上げているのかを聴き分けるのには
こういったモニターヘッドホンで最初に音楽を聴いて、
音楽を深く掘り下げて聴いてみるのも良いかも知れません。

最近のアーティストは楽曲の裏で様々な
サウンドを取り入れてそのサウンドに厚みを
出していますので、そういった楽曲の裏で
どんな音を足しているのかは音楽好きの方なら
気になる方も多いと思いますが、そういった
細かく作られた音楽というものは通常の
音楽用のヘッドホンで聴き分けるのは、ちょっと
難しいため、こういったモニターヘッドホンが
活躍するというわけです。

ですからライトに音楽を聴いている方は
通常のヘッドホンでも構わないと思いますが、
そのアーティストがどの様な手法でその音楽を
作り上げているのか、興味のある方はこういった
モニターヘッドホンを使用してみるのも
良いかも知れません。

今回購入したオーディオテクニカ・ATH-M20xは
価格的にもお買い求めやすい価格帯ですので
音楽をもっと深く楽しみたいという方には
とても適したモニターヘッドホンだと思います。

ただ本格的にDTMなどをする方は、もう少し
ランクの高いモニターヘッドホンを購入した方が
良いかと思われますが、通常の音楽をちょっと
深く掘り下げて聴いてみたいという方には
このATH-M20xで十分だと思います。
今日はオーディオテクニカ・ATH-M20xの
ご紹介の記事でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。