競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

フェンダー・ジャパン・ST-62 VSPモデル(最上位機種)・パート2・改造編。

Kera

こんにちは、Kera (@keranolog) です。

前回記事にしたフェンダー・ジャパン・ST-62 VSP
モデルの記事が好評だったので、その続編の
記事を書こうと思いながらちょっと時間が
空いてしまいましたが、その続編の記事になります。

先ずはフェンダー・ジャパンについてのおさらいです。

パート1については下記の過去記事を
お読み頂ければと思います。

お気に入りのフェンダー・ジャパン・ST-62 VSPモデル(最上位機種)・パート1・もう素晴らしいサウンドです!?

フェンダー・ジャパンに関して簡単に説明しますと1970年代以降
日本国内にはフェンダー社のコピー品(海賊版)のモデルが乱立し主な
製造元の東海楽器製造に対して訴訟を起こして販売停止にまで追い込むも
その他のメーカーもかなりの数が有り完全にそれらを抑え込む事が出来ない
と判断したために自らが日本においてギターの製造販売をする道を選び
当時のフジゲン等と手を組んでフェンダー・ジャパンというブランドを
立ち上げた様です。

フェンダー・ジャパン・ST-62・VSPに付いて軽くご紹介します。

以下フェンダー・ジャパン公式サイト(現在は閉鎖)から、一部抜粋。

仕様: Fender Japan / Stratocaster ST62-VSP

ヴィンテージ・ギターでも人気のある’62タイプのストラトキャスター。
ボディ材には厳選されたアルダー材を2ピースのラッカー・トップコート・
ボディにし、 ヴィンテージサウンドを忠実に再現した新開発の
アルニコ・マグネット・ピックアップ、 スチール・ブロック・トレモロ、
アッセンブリーもUSAパーツを採用した まさにヴィンテージ・スペシャル
な’62ストラトキャスター。

BODY:ALDER 2P
NECK:MAPLE
GRIP SHAPE:OVAL TYPE
SCALE:324mm
FRETBOARD:ROSEWOOD
FRET:21F VINTAGE
RADIUS:184R
NUT WIDTH:42mm
CONTROLS:1VOL,2TONE(CTS)

っという様な内容で、これを本家のフェンダーUSA
で買おうと思ったら多分このギターの3倍程度の
お値段になるのかと思われます。

実際にこのギターを購入しようと思った当時、既に
本家のフェンダーから『アメリカン・ヴィンテージ』
なる機種が発売されていましたが、そのお値段は
確か30万円オーバーだったと記憶しています。

っと、ここまでは以前の記事の引用が殆どですが
今回はこのフェンダー・ジャパン・ST-62 VSPモデル
を購入してから改造をした記事になります。

セイモアダンカン・YJM FURYに交換。

最初の改造はピックアップの交換でした。

当時このギターを買う時に同じく
フェンダージャパンから発売されていた
『イングヴェイ・シグネイチャーモデル』も
店頭に並んでいましたので、それもついでに
試奏をさせてもらったらこれがかなり良い
サウンドでしたので、購入した時点で
そこの楽器屋さんのリペアでピックアップを
YJM FURYにリア・フロント・ネックと全て
交換してもらっての納品になりました。

しばらくはその改造のみでこのギターを
弾いていましたが、去年購入したエフェクターの
『FULLTONE・OBSESSIVE COMPULSIVE DRIVE』

を購入してから、ネックのピックアップで
弾くと、ちょっと音がこもってしまいまして
弾いていて気持ち悪かったのでピックアップの
交換を思いついて、新たなピックアップ探しを
始めました。

『FULLTONE・OBSESSIVE COMPULSIVE DRIVE』

に関しての記事は次回アップ予定です。

K&T・スラブキングに交換。

そしてなんやかんや調べた上で、やはり
現在所有しているJVシリアルの
フェンダージャパンのピンクのギターに
つけたK&Tのスラブキングのサウンドが
かなり良かったので、多分このギターにも
合うのでは?

って思い、値段的にはちょっと高いピックアップ
でしたがK&Tのスラブキングを購入しました。

フェンダージャパンのJVシリアルの過去記事は下記です。

1983年製・フェンダー・ジャパン・ストラトキャスターを改造してみた。

値段に関してはあまりよく覚えていませんが
たしか税込みで10万円少々のお値段だった
かと思います。
(リア・フロント・ネックの3個セットのお値段です。)

このK&Tというピックアップはあまり
市場には出回っていないピックアップで
購入出来るのは老舗の楽器屋さんの
ミュージックランドKEYさんか渋谷の
フーチーズさんで買えるかと思います。
(フーチーズさんの場合は単品で売ってくれるかは不明。)
また最近では楽天市場にも出店しているみたいです。

このK&Tのピックアップは一部の方には
有名なピックアップで、現在のエレキギターの
ピックアップはほぼ全てのピックアップが
機械巻きで製造されていますが、K&Tの
ピックアップは全て完全に手巻きでの製造で
一つのピックアップを作るのに2時間ぐらいの
製造時間が掛かる様ですのでお値段が高価なのは
正直言って仕方ないのかも知れません。

詳しくは下記のK&Tの公式ページを
ご覧下さい。

K&T

参考 K&T説明K&T

このK&Tのピックアップは過去に
ミュージックランドKEYさんが国内でも
トップクラスのギターの製造技術を誇る
『crews maniac sound』さんとのコラボで
KEYさんのオリジナルのギターを作って
いますが、そのモデルを購入した時に弾いて
いたので、そのサウンドの確かさは自分の中で
良いと思えるサウンドでした。

残念ながら、そのギターは訳有って売ってしまい
ましたが、今思うと売らなければ良かったと
後悔しています。

その後ピンクのJVシリアルの
フェンダージャパンのストラトキャスターに
シングルコイルのピックアップをマウントする
際にKEYのスタッフで懇意にしていた方に
相談したら、その方がK&Tのピックアップが
良いのでは?

って言われて、中でもスラブキングがお勧めです。

っとの事でしたので、勧められるがままに
K&Tのスラブキングをマウントしましたが
それが当たりで、とても良いサウンドでした
ので、今回も同じくスラブキングをマウント
しました。

今回はKEYさんで購入しましたが
リペアは別の工房で頼もうとおもい
ネットでリペアショップを探して
何軒かに問い合わせをして、対応も
良かったしそこのリペアショップの
サイトを見てみたら結構な数のリペアを
していたので、そこに購入したK&Tの
ピックアップを持ち込んでリペアを
依頼しました。

MEMO
こういう良いピックアップをつける時は
ピックガードのノイズ対策もしっかりした
方が良いですね。

 

これは個人的な主観なのですが、K&Tの
ピックアップって、自分は基本、ギターは
オーバードライブ等で歪ませて弾く時が
多いのですが、あまり良いピックアップで
ないと、歪ませた時にハイを出すセッティングに
すると、耳にキンキンと来るピックアップが
多いのですが、K&Tのピックアップは
その耳につくハイの音が心地良いサウンドで
普通のピックアップだとアンプの方で
ハイを絞って弾く場合が多いのですが
(特にマーシャルのスタックアンプ等。)
K&Tのピックアップに関してはハイの
サウンドが耳に痛いという事は無く
気持ちよく音が歪んでくれてハイや
プレゼンス等のつまみを目いっぱいに
しても決して耳に痛いサウンドは先ず出ないです。

セイモアダンカンのYJM FURYを
マウントしていた時は、ハイのつまみを
絞って弾いていて丁度良いぐらいでしたが
K&Tの場合はそういう事も無くハイの
つまみは普通にMAXにしていても
耳に痛いサウンドが出ないのが特徴ですね。

かと言って、音がこもるという様な
サウンドでは無く、きちんとハイの
音域は出ているのですが、何故かハイの
音が耳に痛い音が出ないのが不思議な
ピックアップです。

正直、お値段はそれなりにしますので
誰にでもお勧め出来るものではないのですが
スタジオやライブ等で大音量でギターを
弾く時にこのピックアップは本当に良い
サウンドを奏でてくれますので、お勧め
出来るピックアップですね。

そんなこんなでピックアップを替えて
これでもう改造はしないで良いかな?

なんて普通にギターを弾いていました。

このフェンダージャパン・ST-62 VSPモデルは
電装系は全てUSA製なのでピックアップを
変更すれば、もうほぼサウンドはUSAの
フェンダーのストラトキャスターとブラインドテスト
をしたら、多分ジャパンなのかUSAなのか
分かる方は居ないかと思われます。

よくフェンダージャパンはフェンダーに非ず。

っていう方も多いと思いますが、それは弾いた事の
無い方か、安いフェンダージャパンの製品を
弾いての事だと思います。

個人的に思うのはフェンダーでも
メキシコ・フェンダー等の物よりも
やはりメイドインジャパンなだけ
あって製品の造りは非常に良いので
そのギターの電装系をUSA産の物にして
しまえば、当然サウンドは良いに決まっています。

って個人的には思っています。

何故そういう風に言い切れるかと言いますと
私は過去、70年代のフェンダーから上位機種の
フェンダーカスタムショップのギターも
数台所有していた経験から、フェンダーの
ギターのサウンドは分かっているつもり
ですので、その経験からフェンダージャパンの
製品でも上位機種のサウンドはピックアップ
さえ替えればフェンダーUSAの製品にも
負けていないサウンドだと思っているからです。

話しは少し脱線しましたが、やはりK&Tの
ピックアップはそれぐらい良いサウンドを
しています。

Mighty Mite USA ネックに交換。

そしてしばらくはこのセッティングでギターを
弾いていましたが、ある日ふと思ったのが
このギター…

メイプルネックにしたら良いんじゃない?

なんて思って、早速ネットでネックを探して
みましたが、ネック単体って本当に高い。

デジマートなんかを見てもメイプルネックを
探していると大体安くても2~3万円しますから。

で、ヤフオクでネックを探していたら新品の
Mighty Mite USAのネックが売っていたので
ST-62 VSPの寸法を測ったらピッタリでしたので
早速ポチっとしました。

そして届いたのがこちら。

ただこのネックはフェンダーライセンスの
商品では有りますが、やはりギターに合わせて
フレット等の調整をしなければならなかったので
今回もK&Tのピックアップの交換で
お世話になった工房に購入した
Mighty Mite USAのネックを
持ち込んでリペアを依頼しました。

ただ、ナットが多分牛骨ではないと
思いましたので思い切ってブラスナットに
替えてもらいました。

そしてペグはGOTOHのマグナムロックの
SG381-MGT-AB07-L6-Chromeを付けてもらいました。

そして完成したのがこちらです。

そして仕上がった時に早速スタジオに持ち込んで
弾いてみましたが、もうこれが本当に
ナイスなサウンドでした。

ヘッドのロゴは遊びで『Gibson』のロゴを
貼っています。

まあ結果的に、最初にこのギターを買った時は
10万円程のお値段でしたが、最終的に
リペア代金も含めますと大体30万円超の
お値段になってしまいました…。

まあこれを高いとみるか安いとみるかは
その人次第ですが、個人的には最初から
フェンダーUSAを買っておけば良かったかな?

なんて軽く思いながらもこのギターの
サウンドにはとても満足しています。

これは正直分からないのですが、多分
スタジオにフェンダーUSAのストラトキャスターを
持ち込んで引き比べても、多分ですが
遜色のないサウンドになっているかと思っています。

まあこればかりは本当に引き比べないと
分かりませんね。

まあしかし、本当に今回のこのギターに関しては
ちょっとお金を掛けすぎた感は有りますが
スタジオでこのギターを弾いていると
そんな事はどうでも良いと思えるぐらいに
とてもナイスなサウンドのギターになりましたか?

個人的に思うのはフェンダージャパンが
消滅して少々残念な気もしますけど、
もうこれ以上はギターを買うつもりはないので
正直どうでも良いのですが…。

今日はフェンダージャパン・ST-62 VSPモデルの
改造編の記事でした。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。