普段の生活の事やグッズのレヴューが多いブログです。

ミナツネ・あんずボーは夏こそ美味しい懐かしの駄菓子です。

Kera

こんにちは、Kera (@keranolog) です。

 

今日は若い方にはちょっとピンと来ない
記事になる可能性は有りますが、美味しい
駄菓子についての記事になりますので
宜しければお付き合いください。

このミナツネ・あんずボーという駄菓子は
多分昭和生まれの方しか知らない駄菓子だとは
思いますが、その昔、昭和の中頃に街の
駄菓子屋さんで夏の暑い時期は一番人気だった
駄菓子です。

その始まりは諸説あるみたいですが、私が
聞いたのはこのミナツネ・あんずボーを
街の駄菓子屋のおばちゃんが面倒になって
アイスクリームの販売ケースに入れていたら
このあんずボーが凍って、それを食べた少年達から
圧倒的な支持を得て一気に全国にあんずボーが
認知されたという話しは聞いております。

そういう私も子供の頃に駄菓子屋さんで
よく買って食べていました。

私の場合は夏冬構わずあんず自体が大好きでした
のでこのあんずボーは通年で食べていました。

私が子供の頃は確か1本20円程度で
駄菓子屋さんで販売していたと記憶しています。

ただ少子化の影響か、駄菓子屋さんの
後継者の問題かは分からないのですが
最近では駄菓子屋さんって殆ど見ないですね。

昔は街に2~3軒は駄菓子屋さんって
有ったのですが、最近では何処の街に
行ってもほぼ見ないですね。

ですのでもうこのあんずボーは記憶の
中だけの商品で食べられないかな?

なんて思っていたら、なんとamazonで
取り扱いが有りました。

このあんずボーを発見したのは今から
3年ほど前で、ネットで何気にあんずボーを
検索していたら、amazonに辿り着いて
その時は箱売りでしたが、迷わず購入しました。

当時はこんなパッケージで売っていました。

で、その後に箱買いしたあんずボーが
切れてしまったので、新たに買おうとしたら
amazonで現在はお取り扱い出来ませんとの
表示が…。

そしていつまで経ってもお取り扱いが無いとの
事でamazonで再検索をしたら別のパッケージの
商品が並んでいたので試しに購入してみたら
多分パッケージが変わっただけで中身は同じ
でメーカーも多分同じだと思うので
現在はこちらの商品を定期的に買っています。

先日、飲みの席で、このミナツネ・あんずボーを
友人に3本ぐらいあげたら、早速amazonでポチった
らしいです。

なのでこれは自分だけではなく、多分
万人受けする駄菓子だと思っています。

お値段的には昔の様に1本20円と
いう訳には行かないですが、それでも
今、amazonの価格を見ると、ほぼそれに
近い価格で販売されております。

もうこれは本当にお勧めの駄菓子ですね。

もう駄菓子というよりは自然派のアイス
っていう所でしょうか?

ミナツネ・あんずボーはあくまで
駄菓子の領域ですから体に良いものを
使っているかどうかは正直不明です。

ただ原材料名はパッケージに記して
有りましたので一部抜粋致します。

MEMO
名称・あんず菓子
原材料名・干杏・果糖ぶどう糖液糖
添加物・クエン酸・香料・漂白剤

上記に漂白剤と有りますがこれについては
製造中に添加した物では無く、原材料の
干杏に使用されているものらしいです。

ただ、身体に良いか悪いかで食べるものに
気を付けている方はこういうものを
食べない方が良いかとも思っています。

こういう食べ物って、ある種嗜好品です
から、身体に良いか悪いかで考えるの
ならば一番良いのは食べない事ですから。

ただ個人的にはとても大好きな食べ物で
もう夏場だけに限らず、冬場でも大体
1日に1本は食べているぐらいに好きな
商品です。

ただamazonプライムでの購入は
20本入り×5箱ですのでちょっと
お試しで買いたいという方は出品者
からの購入も出来ますが、多少割高です。

ただ友人もこのミナツネ・あんずボーを
食べて即ポチっした程ですから、多分
万人受けするとても美味しいアイス?
だと思いますのでこの機会に是非
昔懐かしい駄菓子の世界に触れてみるのも
良いのかも知れません。

駄菓子の世界って奥が深いですね。

今度はあんこ玉でも買ってみようかとも
思いましたが、流石にあんこ玉は
ケースで買って食べたら糖尿病が
悪化しそうなので止めておきます。

今日は昔懐かしい駄菓子の
ミナツネ・あんずボーのご紹介でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。