競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

亀、初心者に簡単なベビーの『ミシシッピニオイガメ』の飼い方。

Kera

こんにちは、Kera (@keranolog) です。

以前のミシニの記事でも書いた下記の記事ですが、
『ペットを飼うならニオイガメが良いという3つの理由。』
(過去記事は下記の続きを読むをクリック)

ペットを飼うならニオイガメが良いという3つの理由。

この記事が意外と好評だったため、今回は新たに
亀をペットにしようかと考えている亀の飼育初心者の方に
向けて、この記事を書いています。

今回購入したのは生後、約3カ月程度のベビーの
ミシシッピニオイガメの個体です。

先日、新宿のアクアリムショップに行ったところ、
ベビーのミシシッピニオイガメとカブトニオイガメが
販売されていましたので、思わず購入してしまいました。

今回購入したのはミシシッピニオイガメの生後約3カ月程度の
ベビーの個体です。

甲長が2.5㎝で、体重が3.5gという本当にまだ
小さなベビーの個体です。

以前の30㎝キューブの水槽はショーベタの飼育を
始めてしまったので、今回は本来の使用目的ではないのですが、
20㎝キューブのアクリルボックスを使用して飼育を
始めてみました。

底には『ジェックス・カメの底砂』を敷いています。

そして、亀というのは、直ぐに水を汚して、2~3日もすると
水面に油膜が出来て直ぐに水が汚れてしまうので、水を
循環させるために『水作・エイトコアM』を使用しています。

(エイトコアを使用するには以下のポンプとチューブが別途必要です。)

水作 スリムチューブ 1.5m
水作
MEMO
ポンプを使用していると、水は綺麗に見えますが、
実際の水質はこの水量ですと1~2日で完全に汚れて
しまいますので、水替えはこまめにした方が良いです。

また、ミシシッピニオイガメは水棲傾向が強く、一説に
よるとバスキングの必要はないと言われていますが、
ボクの場合はジェックスの紫外線ライトを1日に
6~8時間照射しています。

ただこれからの季節は段々と冷え込んできますので、
ベビーの亀は冬眠させるのは難しいので、やはり亀専用の
ヒーターも必要になります。

ヒーターにもいろいろ有りますが、やはり安全カバーの
付いたテトラ・レプトヒーター 50Wが安心ですね。

もうミシシッピニオイガメの飼育はこれだけでもうOKです。

 

後はエサを買うぐらいで必要なものはないですか?

ただし、この飼い方は基本的にはあまりお勧めは致しません。

 

やはり、アクリルボックスは水槽用ではないですので、

水圧や、これからの時期、ヒーターを使用することを

考えると、やはりガラス製の水槽をきちんと

購入し、飼育する方が安全だと思っています。

同じ20㎝規格でもコトブキから20㎝キューブの

水槽も販売されていますので、安全面を考慮しますと

こちらを購入して飼育した方が良いと思っています。

いずれにせよ、ミシシッピニオイガメのベビーの個体は
今が購入する最後のチャンスだと思いますので、これから
亀の飼育を始めようとされる方はお早目にペットショップに
行って、ベビーの可愛い個体を購入することをお勧め致します。

注意
このアクリルボックスは基本的にはフィギュアなどの
保管用のアクリルボックスですからこういった目的の
ための物ではないので、このような飼い方をされる方は
あくまでも自己責任でお願い致します。
この飼い方を真似して被害に遭われたとしても
当方では一切の責任を負いかねます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。