競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

映画・孤狼の血・今の時代にヤクザ映画って…ストーリーがちょっとね…。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

今日は久々に映画館で映画を観ようと思い、新宿のバルト9へ。

 

観に行ったのは雑誌でたまたまこの映画についてのレヴューが載っていたり、出演している松坂桃李君が番宣でTVのバラエティーに出演していて、この映画の事を語ったりしていて興味を持ったからです。

 

特に雑誌ではこの映画の監督がこの映画に出演していない俳優さんからなんで俺をキャスティングしないのか?

 

っと詰め寄られたとかいう記事も載っていましたし、原作者の柚月裕子さんがこの本を書くに当たって仁義なき戦いを意識していたというインタヴュー等も有りましたので、私の好きな映画の一つの仁義なき戦いを意識しているという事は是非映画館で観なくては!?

 

っと思い、本日映画館に観に行きましたが…

 

最初にこの映画を観た感想は…

 

正直言って2時間超の上映時間でしたが、時間を無駄に使ってしまったかな?

 

っという感じです。

 

まあいつも食べ物の記事で書いている様に食もそうですが、映画やドラマ、本等の感想も100人居たら100通りの感想が有りますから、私の意見を聞いて鵜呑みにするのではなく自分で確かめるのが必要で大事だという事です。

 

私の言っている事が正しいとも思いませんし…。

 

事前の知識で分かっていたのは時代設定が暴対法の施工される以前の昭和の終わりが舞台設定という事。

 

具体的には昭和63年みたいですが…。

 

そして映画の舞台になったのは広島の架空の都市、呉原という所です。

 

この映画を観に行く前に一応You Tubeやこの映画の公式サイトも観てから映画を観に行ったのですが…。

 

『孤狼の血・公式予告動画(You Tubeにジャンプ・クリック)』

『孤狼の血・公式サイト(クリック)』

created by Rinker
¥3,218 (2020/03/31 03:59:35時点 Amazon調べ-詳細)

事前の情報では警察組織VSヤクザという図式みたいでしたが実際に観てみたら一応その様な図式が有る事は有りますがいくらなんでも!?

っていう数々のストーリーの設定のおかしさに正直困惑でした。

 

一番無理があるかな?っと思ったのは時代設定を昭和63年に設定しているところでしょうか?

 

だって昭和63年って言ったら現在からほんの20年も経っていないつい最近です。

 

私は新宿産まれの新宿育ちで、実家は歌舞伎町から徒歩圏内でしたし、10代の頃から歌舞伎町で飲んで遊んでいましたがヤクザの街と言われる歌舞伎町でさえヤクザ同士の抗争なんて見た事も聞いた事もありません。

(中学時代の友人の住むマンションでヤクザが射殺されたという事件が1件思い当たりますが…。)

 

まあヤクザと言えば本家?

 

は関西なので私が知らないだけかも知れませんが、この映画で描かれている様な事件なんてほぼ無かったと記憶しています。

(まあ映画で思いっきりフィクションなので当たり前なんですが…。)

 

ここでストーリーを事細かに記事にする事も出来ますが、この映画の公開が今月の5月12日という事でまだ公開されて数日なのでネタバレになるとこれから観る方が面白くないと思われますのでここでは敢えて記事にしません。

 

ただ…

 

今の時代にヤクザ映画って?

 

なんて思ったりしています。

 

まあ昨年公開された巨匠?

 

北野武さんが主演と監督を兼ねていた映画の【アウトレイジ・最終章】も基本はヤクザ映画ですが、あの映画は完全にエンターテイメントとして、またそのストーリーやバックグラウンドが現代の様々な社会に通じるものが有ったからこその大ヒットだったかと思われますし、意味が有った映画だとは思いますが…。

 

そして仁義なき戦いやアウトレイジ・シリーズにはその作品の根底に流れるある種深いテーマ等が有ったために名作の域に達しているかと思いますが、この映画にはそんなに深いテーマやメッセージといった物は感じる事が出来なかったのは私の感性の無さの問題でしょうか???

 

公式サイトを見て頂ければお分かりになるかと思われますがその中の一文に

『…コンプライアンスを過度に重視する映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり…』

っと書いて有りますが、確かに映像的には過激な描写が数多く描かれていますし、なんなら気分を悪くする様な描写が過度に多いと個人的には思う程に結構過激な映像も有りますが…

 

極論で言うとただそれだけ…

 

っという感じも無いでは無いのかと…。

 

まあ映像が過激な物を求めるのかというと、過激な映像ならばスプラッター等ホラー映画では未だ数多く存在しますから過激な映像を観たい層に向けてというので有ればそれも少し疑問に思います。

 

あの名作の『仁義なき戦い』においては過激な描写っていうのはあまり感じた事が有りませんし、北野武監督の【アウトレイジ】シリーズでも、確かにヤクザ同士が殺し合う場面で一部過激な描写も有りますが、そこまで暴力的な描写ではないですし、その手法は今迄に無い斬新なアプローチでの惨殺シーンなのである意味面白かったと思います。

 

上記の昔のヤクザ映画の名作と、現代のヤクザ映画の名作と思われる二つの映画に対してこの映画の過激な描写は個人的にはあまり意味の無い過激さで、その暴力的な描写が逆に映画を観ていて不快に思うシーンも多々見られました。

(それが一つの狙いでもある可能性は否定出来ませんが…。)

 

原作は読んでいないので原作の事については触れませんし、なんなら原作は数々の賞を取っている本なので恐らく出来は良いのかと思われますが

こと映画に関して言えばB級以上の評価を与えるのはちょっと…。

 

っていう感じですか???

 

これはあくまで個人的にですが、主演の役所広司さんは良いと思いますが、脇の俳優さん達のキャスティングがヤクザ映画にあまり合っていないのかな?

って思ったりもしています。

 

準主演の松坂桃李君の最後の方で見せたキレた芝居にはある意味この人ってこういう芝居も出来るんだね?

って思いましたがそれ以外のキャスティングは正直???

でした。

 

まあバイオレンスな映像や、趣味の悪い不快な映像を楽しみたい方にはお勧め出来るかもしれませんが…。

 

あくまで個人的にですが時間とお金を無駄遣いしてしまったと思った映画でした…。

 

そしてこれは完全に余談ですが、本作を観に行ったのは本日、木曜日の午後4時からの上映のものでしたが、公開されたばかりという事も有って座席は結構埋まっていました。

 

そしてアウトレイジ・最終章を観に行った時にも思ったのですが、一見してそれ風の…

 

所謂チンピラ風の方の姿もチラホラ…

やはりヤクザ映画なんだな~~~…

なんて思ったり…

 

まあ人生色々ですね…。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。