競馬の記事やグッズのレヴューが多いブログです。

映画・『ジャッジ!』・北川景子ちゃんが最高に可愛い極上のエンターテイメントムービー!?

映画『ジャッジ!』は2014年の1月に

上映された日本のコメディ映画ですが

基本、私は前に記事にしたかもしれませんが?

日本の映画ってあまり観ない。

 

なのでこの映画も上映していた時は

スルーしていたのですが、今からちょうど

3年前ぐらいにこの映画が地上波初放送に

なりまして、その時は飲みの予定が有ったので

何気に録画をしていました。

 

それというのも私は女優の『北川景子』さんが

大好きなので、ただ彼女の芝居を観たくて何気に

録画をしていたのですが、録画をしてからしばらく

経ったある日、録画したこの映画を観たら、

もう『北川景子』さんの可愛さは際立っていましたが、

映画の内容自体も素晴らしい出来で、ここ数年の

日本の映画の中では

(ほぼ観ていないのでなんとも言えませんが)

一番良い出来の映画だと思いました。

 

主要キャスト

太田 喜一郎 (妻夫木聡)

大田 ひかり (北川景子)

大滝一郎  (豊川悦司)

鏡さん   (リリー・フランキー)

カルロス  (荒川良々)

木沢はるか (鈴木京香)

ジャック・クルーガー(ジェームズ・バーンズ)

その他豪華キャスト。

 

あらすじ。

大手広告代理店の『現通』の社員の落ちこぼれ社員の

太田 喜一郎 (妻夫木聡)が主人公で上司の大滝一郎(豊川悦司)

からアルファベットの表記が同じになることから世界一

の広告を決める『サンタモニカ国際広告祭』の

審査員を押し付けられることから物語は始まる。

 

正直、私は『妻夫木聡』という俳優はあまり好きではない。

 

むしろ嫌いな俳優さんです。

 

ですがこの映画に限っては、結果的に彼以外のキャストは

考えられないというくらいの嵌り役で同じ年齢で同期入社の

役どころの『北川景子』との掛け合いがもう癖になる映画です。

『映画ジャッジ!予告動画(クリック)』

 

まあこの映画の場合は特にネタバレとかいう映画ではないので、

ここで映画のストーリーを書いたとしても特に問題はないとは

思いますがやはり映画のレヴューって難しいので割愛。

 

この映画の主役はあくまで『妻夫木聡』ですし、

この映画での彼の芝居はとても良い芝居をしているのですが、

この映画での個人的な感想ですが『北川景子』の可愛さが

際立っているというのが一番ですか。

 

これは映画のレヴューからちょっと離れてしまいますが

私は個人的に『北川景子』という女優が大好きなのです。

 

正直彼女が『セーラームーン』に出ていたころは

全然知りませんが2008年の『太陽と海の教室』に

ヒロインとして出演してからはその可愛さと美しさの

両方を兼ね備えている『北川景子』さんにもうメロメロです。

 

以来彼女の出演しているドラマはほぼ全部観ていますし、

映画も数本観ました。日本の映画って正直そんなに

好きではないのですが彼女の出演している映画に関しては

面白い、面白くないに関わらず数本観ています。

 

個人的な私の女優さんやアイドルのランキングの

『殿堂入り女優』さんはいまのところ『南野陽子』さんと

『広末涼子』さんの二人しか殿堂入りしていませんが、

おそらくあと数年で三人目の『殿堂入り女優』になる

可能性は大です。

 

まああのDIGOと結婚したのは正直残念ですが相手が

DAIGOならばまあ良い結婚だったのかな?と思います。

 

で、映画の話しに戻りますが、『妻夫木聡』の駄目社員ぶりは

本当に面白くてあの配役は彼以外には考えられないほどです。

 

そして何回も言うようですがこの映画の最大の魅力は

個人的な感想ですが『北川景子』さんのツンデレな役が本当に可愛い!

 

もう彼女の出演している作品はどれも最高に良いのですがもしかしたら

彼女の出演している作品で1番かと思うぐらいにその可愛さと美しさが

最大限に発揮されていると言っても過言ではないでしょう。

 

まあ『北川景子』のファンならば絶対に観なくてはいけない

作品だと思います。

 

そしてこの映画はストーリーがもう最高に面白くて最初は

駄目駄目な社員の妻夫木聡演じる太田がだんだんと成長していく

過程も見事に描かれていて実に面白いですし、とにかく

キャストもかなり豪華!

 

まあ舞台が『サンタモニカ国際広告祭』という事で様々な

国の俳優さんが出演しているのですが、正直、知らない方ばかり

ですが審査委員長のジャック・クルーガー(ジェームズ・バーンズ)

とてもいい味を出している。

 

この方は多分映画『HERO』にも大使役で出演していたと

思うのですがなかなか良い男というかダンディーでカッコいいです。

 

まあある種のサクセスストーリーなんですがこれが小気味いいほど面白い。

 

最近様々なドラマや映画で活躍している『荒川良々』の芝居も本当に

面白いし、『リリー・フランキー』の役処もとてもナイスです。

 

そして名女優の域に達していると思う『鈴木京香』のコミカルな

芝居も本当に観ていて小気味いいほどで、妻夫木君との青森弁の

掛け合いのシーンなんて思わず吹き出すぐらいに面白い。

 

そして『豊川悦司』の最低な上司を演じる芝居に至ってはもう鉄板の

面白さです。

 

しかしこの映画はこの数年で見た日本映画の中では多分一番面白い

映画だったかと思います。

 

でもやはり一番良かったのはやはり『北川景子』さんの

ツンデレからのラストの???

な芝居はもう最高にキュートで思わず

『惚れてまうやろ~~~!?

って言いたくなってしまい、一人部屋で悶絶するぐらいに

良い役処でした。

 

でも本当に『北川景子』さんって様々な芝居を出来る

優秀な女優さんですね。

 

残念ながら?というか、先にも書いたように結婚して

しまったのが残念ですがまあたとえ結婚していなくても

間違っても私とどうこうなるような存在では

ないのでまああれなんですがね

 

まあこの映画は

 

っていうかほとんどレヴューになっていませんが、

本当にコメディー映画がお好きな方ならばこの映画は

本当にお勧めです。

 

まず観て後悔はないかと?

 

まあ人それぞれツボが違うので絶対にとは言い切れませんが

本当にこの映画は極上のエンターテイメント作品に仕上がっています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。