音楽や趣味のこと。財布やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

不倫をしてはいけないたった一つの理由…映画「昼顔」の「紗和」のその後は…

Kera

こんにちはKera(@keranolog)です。

今回は近年騒がれている不倫に関しての記事になります。

これは正直なお話ですが私も過去に1度だけ不倫を経験した事があります。

そういった経験もコミコミでの記事となりますので一部それは違うだろ〜〜〜!?

という部分も有るかと思われますが気楽にお付き合いください。

結論としてはやはり不倫はあまり…と言うかしない方が良いとは思いますが?

最初に結論から申し上げますと不倫は絶対にしたら駄目な事です。

絶対にやってはいけない事の一つだと思っています。

まあそうは言ってもね…

人間に「絶対」と言う言葉は無いに等しいのかも?

人間ですから過ちを犯す事は誰にでも有るので絶対に駄目だとも言い切れませんでしょうか?

ただ正直言って殆どのケースで不倫をしても良い事はほぼほぼ無いとも思っています。

中には不倫の末の純愛?

が実って結婚して末永く幸せに暮らして行く方々も多いかとも思われますが基本的には良い事は無いと思っていた方が良いかと思われます。

これは経験者は語るでは有りませんが私の場合は特に悪い事は無かったですし不倫も一つの恋愛だと考えた時にあの恋愛は本当に純粋な愛で純愛だったかと未だに思っています。

何故不倫をしてはしてはいけないのか?

ここからは何故不倫をしてはいけないのかを考えて行きたいと思います。

先ず第一に自分はパートナーに不倫されても良いですよ!?

と言う奇特で特別な方を抜きにすれば殆どの方はパートナーに不倫されて気持ちの良い方って居ないと思います。

これは人間として人間社会で生きて行く上での常識なのですが基本的にどんな事でも自分がされたら嫌な事は人にもしない。

という事は人間が人間社会で生きて行く上で必ず守らなければならない一つのルールであり大原則です。

 

「なので自分がされたら嫌な事は人にもやらない。」

 

という事は先ず大前提に有るべきものなのです。

ただ自分は人間社会では暮らしていないし山奥の洞窟で暮らしていて人間の社会とは関わりあいの無い生活をしています。

という方は別になりますが殆どの方は人間社会で生きていると思われますのでやはり先程書いた人間社会で生きていく上での絶対的で基本的なルールの
「自分がやられたら嫌な事は人にもしない。」と言う事を大前提に生活をしていって欲しいと思っております。

不倫の種類。

ここからは不倫の種類に関してですがそもそも不倫をカテゴライズしてどうすんの?

っていう気もしなくはないですが一応ね…

記事ですので…。

①快楽の為のみで不倫をする。
②相手にパートナーが居ると知らずに不倫をする。
③パートナーは居るがそのパートナーよりも好きになってしまった人が居る。

簡単に分けるとこんな感じですか?

本当はもっと細分化されても良いとも思いますが基本的にはこの様な感じでしょうか?

についてはもうどうしようもない方々で問答無用で悪いとしか言いようが無い方々でこういった方々は後々何か罰が当たる事もあるのかな?

なんて思っていたりしています。

ただ…

人間ってものは基本的に罪深い生き物ですから「アダムとイヴ」が楽園から追放された様にと言うと大袈裟も誰しも快楽への欲求は有るもの…

なので「快楽の為の不倫」と言うのも一概に悪か?

と問われたらちょっと困るかな?

かく言う私も快楽の為に今まで生きて来た上でまあまあな事をしていますので…

※但し決して犯罪行為に抵触する様な事は断じて有りませんので誤解のなき様お願いいたしますm(_ _)m

人間って「快楽」の為ならば案外結構な事をする生き物でも有るので難しいかな?

個人的にはアリ寄りのアリかも?

まあ基本的に私の性格は不埒の塊なもので…

についてはある意味不可抗力という見方も出来るとは思いますし相手にパートナーが居るという事を黙っていて不倫を楽しむ方も多いかとも思います。

ですがこの場合もパートナーが居ないと相手を騙して不倫をしている方にはやはり罰が当たるのではないのかな?

なんて思っておりますが…

それを知らずにお付き合いの果ての結果的な「不倫」と言う事も多々ある様ですし大抵の場合その際の被害者は女性が多いのかとも?

まあね…

男と言うか男性ならば幾つになっても性欲はあるらしいのでもしも好みの女性が居たりして妻帯者で有る事を隠し通せるのならば好みの女性とのHは誰しもしたいのかとも?

まあね…

私もそんな男の1人ですので…

相手の女性にパートナーが居たとしても欲求を満たしたい事は無きにしも非ずなので…

その様な好みの女性と交われるのならば甘んじて罪を受け入れる覚悟も多少は有るのかも?

については正直もうどうしようもないですよね…

だって人を好きになるのって理屈や道理ではないですし…

どんな人でも結婚をする時は恐らくこの人しか私の人生でのパートナーは居ない…

と思い結婚するのかと思っておりますが…

そう思って結婚をした後にそのパートナーよりもっと好きな人が現れるといった可能性は絶対に誰にも否定は出来ません。

でもね…

それが罪深き人間の業とでも言いましょうか?

人間が生きて行くのは理屈や道理では無いのだとも思いますからある意味仕方の無い事かとも思ってしまいますが…

 

こうして冷静に考えて行くと…

上記の内容とは重複しますが下記の様になるのでしょうか?

 

の場合は本当にどうしようもない方々ですから基本的には相手にはしたくないタイプですし人間的に正直どうなの?

と思ってしまうタイプの方々で多分お友達にはなりたくないタイプの方々でしょうか?

まあ私の場合に関しては上記の様に偉そうに言っておりますが…

実際には「快楽」の為ならば甘んじて罪を受け入れる覚悟で「快楽」のみを追求する事になるやも知れませんが…

ホントに私の場合は通常の人…

通常の考え方とはある種異質の思考回路なもので…

まあ本音で正直に言えば「アリ寄りのアリ」なのかとも思いますが…

に該当する方は2通りで自分にパートナーが居るのを黙っていてそのパートナー以外の方とお付き合いして関係を持ってしまう人です。

これも正直言語道断とでも申しましょうか?

こういう方もやはりお友達にはなりたくないタイプの方ですがこの場合の何も知らされて居なくてお付き合いをしている方々。

こういう方々には正直同情してしまいます。

ただこういった場合でも本当にまるでパートナーが居ないのかどうか?

といった事はちょっと注意深く見ていれば基本的には分かる事も多いかとも思いますのである種の方々は自業自得という場合も多いかと思われます。

でもね…

これもね…

突き詰めるとみつおさんじゃ無いですが一言…

「にんげんだもの…」

と言う感じも無きにしも非ずでしょうか?

ただ本当にそういう事に疎い女性って多いのかとも思われますのでその様な場合は本当に「お気の毒です…」としか言い様が有りませんでしょうか?

の場合はね…

もう本当にどうしようも無いと思っています。

多分自分のしている事が社会的には本当に悪い事をしているのは理解した上で尚且つその感情が抑えられないので有ればその感情のままに突き進むのも悪い事ではないとも思います。

でもね…

1番悲しい様な感も受けますが…

意外にこういうタイプの方々が1番不幸になってしまう確率が高いのかも知れません…

だって…

この様な事は余程純粋な精神の持ち主で無いと中々その先へと踏み切れないのも事実ですから…

これは実際に以前の職場の取引先の方に居たの人の事ですが…

その方は男性でまだ30代前半の方でしたが結婚して3年少々だと聞いていましたがどうしても好きな女性が出来てしまい…

結果結婚をしていた女性とは離婚をしてその好きになってしまった方と再婚をしたそうです。

その方とは3年程の仕事上のお付き合いでしたのでその後は分からないのですが私が知っている限りの3年間は離婚した元奥さんにずっと慰謝料を支払い続けていたという風に聞いております。

ですのでそういったどうしようもない場合でも実際には幾らかは分かりませんがずっと元奥さんに慰謝料を支払い続けていた事を考えてみますと純愛?

の代償というのは正直大きいものだと思った事は有りました。

不倫の代償は?

不倫というものは気が付かれなければ基本的には問題は無いかと思われますが基本的に悪い事と言うものはそう長くは続かない。

特にのパターンの不倫をしている方々なんかはパートナーにバレる可能性とはいつも背中合わせだと思っております。

そういった場合というのは最悪の場合望んでいない場合でも慰謝料付きの離婚に発展もしかねません。

自分のパートナーに慰謝料を支払って離婚するだけならまだしも相手のパートナーから訴訟を起こされた場合その方の収入等にもよると思いますが以前見ていたテレビでそういった場合の精神的苦痛による慰謝料の相場は200~300万円もの慰謝料を支払う場合も有るのだとか?

しかも不倫を楽しんでいた場合で社会的な地位もある方の場合ですとその慰謝料はもっと跳ね上がるのだとか?

ですのでやはり不倫はしないにこした事は無いかと思っております。

と…

ここまでは一般論でしょうか?

私の場合の「不倫」に関しては決して「快楽」を追求した訳でもなく不可抗力の部分が多勢を占めていましたが…

それでも今考えると…

やはりキチンと元奥さんに離婚届を預けてそれで離婚が成立したと思っていたのが結果的には甘かった…

婚姻届は人任せでも良いのかとも思いますが「離婚届」に関しては自分の責任でキチンと役所に提出し確認をしておいたら今頃はあの時の女性と幸せに?

まあ幸せかは分かりませんが悪夢の別れは無かったのかとも思っていますが…

私って意外と詰めが甘いのでしょうか?

映画「昼顔」の「紗和」のその後は…?

そしてタイトルの映画「昼顔』」の「紗和」のその後の個人的な想像になりますが…

多分…

あまり良い人生は送れなかったかと思っていますが…

取り敢えず映画の予告編でもご覧いただき一服して下さいm(_ _)m

映画「昼顔」予告(You Tube)

何故かと言うと…

その理由は簡単で今の世の中なんの取り柄も無いただの中年?

の女性が誰の手助けも借りずに父親の居ない子供を産んでその後育てて行くという事は非常に難しいという事です。

普通の家庭でさえ今の世の中で子供を産み育てて行く事は非常に厳しい世の中で紗和はどうやって子供を産み育てて行くのか?

そういった事は映画では描かれていませんし…

ある種美しい終わり方をするのが映画の世界ですから…

まあ普通に考えればお金も無く貧乏な生活を強いられてもしかしたら「ネグレクト」に発展する可能性も無きにしも非ずでしょうか?

そういった事を考えるのは正直野暮かとも思いますが…

どうも私は映画だけを楽しんでその後を考えないという事が出来ないタイプの人間ですので…

まあ正直に言えばと〜ってもつまらなく下らない映画だったでしょうか?

まあこういうくだらない記事を長々と書き続けて行くものなんだかな?

なんて思いますのでこの辺で終わりたいと思いますが私の不倫の経験に関しましては機会が有ればお話しをしたいと思っております。

でも…

「不倫」は絶対悪とは申しませんが…

出来たら避けた方が良いのかとも思っている事は確かでしょうか?

でもね〜〜〜…

人間って「快楽」の為ならばある程度の危険を犯してまでも「快楽」を追求する様に神様が作られているとも思いますので…

正直言って「快楽」の為ならば多少の犠牲は覚悟の上での事なのかも知れませんが…

皆様はどう思われますか?

「快楽」の欲求に打ち勝つ自信が有りますか?

私はと言えば…

答えは完全にNO!?

でしょうか?

本当に不埒な男ですみませんm(_ _)m

映画「昼顔」はAmazonプライムビデオで視聴出来ます

「上戸彩」さん主演の映画「昼顔」はAmazonプライムビデオで視聴する事が出来ます。

ネットで検索すればもしかしたら無料で観られるサイトも有るのでしょうがそういったサイトの多くはウイルスや個人情報の漏洩などの心配が常に付き纏います。

アマプラは国内ドラマ・海外ドラマ・邦画に洋画・アマプラオリジナルなど多種多彩なラインアップを揃えていますので試しに入会し映画「昼顔」を観るのがおすすめです。

Amazonプライムビデオはには体験版としてトライアル期間を設けていますので無料期間中に自分の観たいドラマや映画が有るのかをチェックし良ければサブスクとして本入会するのも一つの手でしょうか?

万が一自分の観たい作品が無い場合はトライアル期間中に解約をすればその後お金は一切掛かりませんので先ずは無料でトライアルをしてみるのも良いかと思いますよ。

\\Amazonプライムビデオを30日間無料体験//

2 COMMENTS

もりくん

こんばんは。
パターンにもよりますが
ほとんどの不倫する人って不倫のメリットしか見えてないんですよね。
後々のデメリットを見ようとしないで都合よく解釈する人が多いと感じます。
そんな人は次から次へと新しい恋を探しにいっちゃうんですよね。
ケラさんはこのパターンではないと思いますが。

返信する
Kera

もりくんさん。
コメントありがとうございます。
この数年、ちょっと乱れていますよね。
今、ちょうどこの記事の続きを書いていまして
自分の場合の不倫の事例の記事を
書いていますが、自分の場合は今回の
記事の①~③のどれにも当て嵌まらない事例でした。
自分を正当化しようとは思いませんが
ある種不可抗力の部分の大きい不倫でした。
今、書いている記事を公開するか否かは
正直、記事を書き終わってみないと分からないのですが。
もりくんさんのおっしゃる意味はとても理解出来ますし同感です。
正直、難しい問題かとは思いますが
出来れば不埒な恋愛は避けて通りたいものです。
いつもコメントをありがとうございます。

返信する

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。