競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

恋愛って非効率なのかしら?私の恋愛事情は…。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

少し前のネットの記事で『最近の若い方は恋愛は効率が悪いからしない』っていう記事があったと思います。

その時はそんなに興味もなかったので記事自体を読まずにちょっとだけ斜め読みをしたのですがそもそも『恋愛』とはなんぞや?

ってことをふと思い『広辞苑』で調べてみたら以下のような文言が。

『男女が互いに相手をこいしたうこと。また、その感情。こい。』

とあった。

そしてふと思ったことは、自分は果たして『恋愛』というものをそもそもしたことが有るのかを振り返ってみたのですが、上記の定義の『恋愛』というものをしたって思う事例はわずかに3例のみでした。

(正確にいうと『互いにあいてをこいしたうこと』なんで1例のみですが。)

 

先ず、最初の『恋愛』と言えるものは中学1年生の時の夏前でしたが、小学校から中学校に進学して、その中学に他の小学校から来た女子がいました。

その女子を初めて見た時に今までにないような感情を抱き多分、それが産まれて初めての『恋愛』で『初恋』だったかと思います。

そしてその女子を好きだと思うようになり、その女子の事を想うと胸がキュンとなるというか苦しくなって、その時に多分これが『恋』なのかって思ったのが最初の『恋愛』だと思います。

そしてその恋は中学1年生の時から始まり、最初にその女子に告白をしたのは中学2年生の春だったかと思います。

その中学校の隣には神社があり、その神社に夕方電話で呼び出した、仮に『N子さん』としますがその『N子』さんに初めて告白をしました。

そして『N子さんのことを好きなんですけど、お付き合いしてもらえませんか?』って告白したらあっけなく振られました。

 

そしてその後中学3年生になって、待望の同じクラスメートになった春に再度告白をしましたが、それも思い叶わずで、これで最後って思って告白したのは中学の卒業式でのことでしたがそれも見事に振られてこれで3戦3敗とか

で、高校に進学してからもその『N子』さんを忘れられずに高校1年生の時の夏休みにまた電話して中学校の隣の神社に呼び出して4回目の告白。

それも空振りで4連敗。

 

でも此処からが私の不埒ともいえる性格(人格)の本領発揮で、高校1年生の時にバイトで入った、とあるお店のお客さんで、結構可愛い女子がよく買い物に来ていて、ある日のバイト終わりに帰ろうとしたらその女子がバイト先の出口で待っていて告白されまして…。

 

まあちょうどその頃なんですが今の方からみたら遅いのかもしれませんが丁度『性』に目覚めたころだったので、正直なお話しですが『H』目当てでその女子の告白に応じてしまい、そこからお付き合いという形になって1週間で初Hをしまして

 

まあちょっと表題からはずれてきましたがこのままお話しを続けます。

 

それからというものはもう『H』のためだけにその女子とお付き合いをしていてデートの度に『H』をしまくっていました。

 

でも、心の中では『N子』さんへの純粋な『恋心』が残っていてお付き合いをしていた女子とは正直『H』が目的だけのお付き合いでその動機は不純そのものでした。

そんな私の心を見抜いていたのかその女子とは3ヵ月ほどでお付き合いは終了しました。

 

それが高校1年生の秋ぐらいですか。

 

そしてその後『H』に目覚めた私はもう『H』を覚えたサルの如くで、当時、『N子』さんには4連敗でしたが、その『N子』さん以外の女子からは結構モテていたのでもう入れ替わり立ち替わりで、とにかく言い寄ってくる女子で自分の基準でOKな女子とはとにかくお付き合いという名の『H』をしまくっていまして、気が付いたら高校2年生になった時にはすでに7~8名の女子とお付き合いという名の『H』をしまくっていました。

そして高校3年生の時に、このままではいけないと思い、これで最後!

って、『N子』さんに5回目の告白をしましたがそれも見事に討ち死に。

 

もうそこからは少しやけ気味で言い寄ってくる女子全てとお付き合いをしてとにかく『H』ばかりしていました。

 

まだ未成年の飲酒が厳しくなかった寛容な時代だったので、完全に未成年でしたが、毎晩のように歌舞伎町に飲みに行き、ナンパをして一夜限りのワンナイトラヴの毎晩で、もうどれだけの女性と交わってきたのかも思い出せないぐらいに『H』をしまくっていました。

 

そして時は流れて成人式の日に。

成人式といえば『N子』さんと会う最後のチャンスといえばチャンスだったのですがその時に晴れ着を着た『N子』さんに会い、

再び純粋な『恋心』を思い出し、成人式の後にこれで最後!

って思い6回目の告白ですがそれも完全に討ち死にで、やけになった私は中学生の時に言い寄られていた女子とそのまま歌舞伎町のラブホテルへ。

まあ、あの時の後ろめたさと言えば忘れられない苦い思い出です。

 

そして時は過ぎ、その時に通っていたディスコで、ある女性から告白をされて、まあいっかなって思いお付き合いを始めましたが、それも変わらず『H』目当てでの交際でした。

当然『H』目当てでしかなかったのでその女子が気に入らないと思うとすぐに別れを切り出したのですが、その女子がなかなかの強者で私が別れると切り出すと絶対に首をたてにふらず、絶対に別れてくれずに時は過ぎました。

やがてその女性が結婚相手となったのですが、当然のことながら純粋な『恋愛感情』はなかったのですが、そこが結婚の怖いところで結婚していると当然毎晩のように『H』が、しかもただで出来るので惰性に流されるままに『H』をしていたらやがて子供が出来てしまい…。

まあ当然『恋愛感情』等はないのですからその後離婚をしました。

そして離婚の話しが進んでいる中ようやくここで2回目の純粋な『恋愛』をしました。

それは当時勤めていた会社にアルバイトで入ってきた女子大生で、初めてその女子を見た時に『あ~、これって純粋に恋だよね』って思い、お付き合いを始めました。

 

結果的に、その女子とも離婚の話しが長引いたので、さすがにその女子も俗にいう『不倫』の関係に疲れたのか7年ほどで破局しました。

 

そしてその2回目の純粋な『恋』の後に3回目の『恋』をするのですがそれは2回目の純粋な『恋愛』の破局の3年ぐらい後ですか。

 

治療で通っていた接骨院の女子で、その女子にも一目惚れで出会って1ヵ月で告白したのですが、その女子には10年来お付き合いしている方がいるとかで見事に撃沈でした。

 

まあここまでで最初の純粋な『恋愛』の初恋から数えて多分20年は軽く過ぎているでしょうか。

 

その二十数年というまあまあ長い期間で、先ほどの『広辞苑』の定義するところの『恋愛』ということに関して言いますとたったの3例しか純粋な『恋愛』というものをしていない。

そう考えると

 

ここで初めて表題の件に入りますが(長いですよね)最近の若い方が『恋愛』は効率が悪いからしないっていうのを聞くとまあ『わかる』感じはします。

 

私の過去を振り返るとこの数十年で純粋な『恋愛』をした回数はわずか3回。

 

そしてその『恋愛』が成就したのはわずか1回のみで、それもたった7年で終了となれば『効率』がいいかわるいかで考えると、多分非効率ですよね。

 

って思います。

 

なので最近の若い方が『恋愛』を非効率だからしないというのはなんとなくっというかかなり『わかる』気がします。

 

まあ私の若いころから『最近の若いものは』なんて言葉がありふれていましたからいつの時代も多分『最近の若いものは』なんでしょうし『恋愛』という価値というか定義も時代とともに変わっていくものなのでしょう。

 

まあこれは多分ですが、この世の中に純粋な『恋愛』っていうものは果たしてどれだけ存在するのでしょうか?

正直分かりません。

 

まあ私みたいに不埒な方ばかりではないかと思われますが、世の中って基本、不埒で成り立っているんだとも思います。

 

純粋な『恋愛』なんて本当にあるのかって言われたら今の私の答えはあるかもしれないしないかもしれない…。

 

としかいいようがないですね。

 

よくドラマや映画で純粋な『恋愛』を描かれている作品も多いですが、あれって多分理想で、現実の世界での純粋な『恋愛』なんてものは多分ないのかと思います。

 

まあね

 

これは私が基本、不埒な人間だからなのでしょうが。

 

まあ成就しない『恋愛』に一喜一憂するのも正直非効率な気もしますし、多分、今の若い方って相当頭がいいんだと思います。

 

だって私の人生を振り返って考えても行きつくところは『恋愛』って非効率なものだということですから。

 

ただ、最後に言えることは人間の存在そのものが非効率っていう部分を忘れてはいけないと思います。

逆に言えば非効率なのが人間であって、非効率でなければ人間ではないということが言えると思います。

 

ですから今の若い方が『恋愛は非効率だからしない』っていうのは=人間としての生き方を否定するっていうところにまで飛躍すると思うのは私だけでしょうか。

 

世の中って効率をよくしていって無駄を省けばって思いますが、効率を追求していくと、それは多分なんの面白みもない生き方と世界でこの世界が非常に無意味で存在そのものを否定しなければならないということになってくると思います。

 

人間の歴史って非効率の歴史だと思うんですよね。

 

現在の科学のいしずえになっている俗にいう文明とかって、非効率を続けてきたからこそ現在の便利な世界があって、効率ばかりを重んじていては多分、これから先の人類の進化っていうのはないんだと思います。

そのことに気づいてくれば、この先、人類は未来の飛躍があると思いますしもしも今の若い方々が効率のみを重視して『効率優先主義』のままでいたらおそらく人類は近い将来滅亡に向かっていくのかと。

 

私が思うのは『人間』って不埒で非効率だからここまで繁栄してきたと思いますし、過去の人類が効率優先主義で生きていたら現在の私たちの繁栄はなかったかと思われます。

 

しかし

 

『恋愛』の事を考えていたら人類の未来の話しって

何処まで誇大妄想な人間なんだろうかって思ってしまいますが。

もしかしたら私は誇大妄想狂なのかもしれませんね。

まあ最後に余談ですが過去の私の女性関係って…

多分二桁では足らないぐらいにおサルさんでした。

 

でもそんな人生を振り返るとかっこ悪いですが

そんなに悪くはなかったのかな…。

 

って思いますが…

 

まあ綺麗でスマートに生きるのも人間ならば

泥臭くて汚くてかっこ悪い人生もありなのかなって思います。

 

今はもう恋なんてしないだろうなっ、なんて思います。

 

もう充分に恋愛もどきの事はしてきたので…。

 

まあただのお馬鹿さんなんだと思いますが…。

 

で、結果、表題の件はどうなのよっ!?

 

て思われる方が多いですよね。

 

これだけ長々と記事を書いてきたのですから。

 

でもそれは私の疑問を記事にしただけであって私の疑問です。

 

なので表題の件に関しまして聡明な皆様がたでお考えいただけましたら幸いだと思われます…。

(少し無責任でした…すみません…。でもそれが不埒代表の私なもので…。)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。