音楽や趣味のこと。財布やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

BLACKSTAR (ブラックスター) ・ FLY3(フライ3)をレビュー。サイズはミニでもナイスなサウンドで、初心者から中級者まで使えるアンプです。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です

今日は初心者から中級者まで問題なく使用出来る「BLACKSTAR・ FLY3」のギターアンプレビューです。

この「BLACKSTAR・ FLY3」のサウンドには、正直言って驚いたぐらいの素晴らしいミニアンプです。

それではレビュー行きますね!?

今まで夜間に使用していたギターアンプ

以前は夜間のギターの練習は「VOX・AC-1RV RhythmVox」を使用していましたがこの「VOX・AC-1RV RhythmVox」はそのサウンドが宜しくない。

「RhythmVox」は様々な種類のドラムのリズム機能が付いているのでギターの練習にはとても重宝していましたが、なんせギターのサウンドがAMラジオの様にペチペチしていてまるで迫力が無い。

かと言って夜間にメインのアンプから音を出してギターを弾ける環境にも無く、これはこれで仕方ないのかと諦めモードでした。

こればかりは賃貸アパートに住んでいる限りはどうしようもない事なのですが。

以前のメインアンプ

以前、メインのアンプは「BLACKSTAR・HT-1R Combo」を購入し暫く使用していました。

ただそのサウンドがあまり良いとは思えなかったのでオークションで売ってしまい、その後も色々なアンプを購入して来ました。

「BLACKSTAR・HT-1R Combo」ってクリーントンがなんだか音の抜けがイマイチな気がするんだよね。

現在のメインアンプ

そしてたどり着いた現在のメインアンプは10Wのローランド・CUBE-10GXですが、やはり夜間にギターを弾くとなると10Wではその出音が大き過ぎる。

Roland CUBE10GXのレビュー記事は下記からお読み下さい。

Roland(ローランド)・CUBE 10GXをレビュー。クリーンサウンドから歪んだサウンドまで素晴らしいサウンドのアンプです。初心者の方にこそ使ってほしいギターアンプです。

そこで何か良いアンプはないのかと某ギターショップに行って色々と見ていたら数種類のミニアンプが展示してあった。

そこで幾つか試奏させてもらおうかと思ったら、なぜか主張の強い店員さんに当たってしまい困惑。

最初のうちはその店員さんのデモ演奏で数種類のミニアンプのサウンドをチェックし、その中で気になった「BLACKSTAR ( ブラックスター )・FLY 3」 を自分で試奏させてもらったところ、中々良いサウンドだったので心の中でこのアンプ買う!?

って心に決めて帰宅。

BLACKSTAR ( ブラックスター )・FLY 3を購入

ギターショップに居るうちに心の中で買うって決めてから帰宅してAmazonや楽天市場などで価格をチェックして1番安かったAmazonで購入です。

画像を見てお分かりの様にとても小さなアンプですが、そのサウンドは中々いい感じで正直、家での練習用ならば同社のHT-1R Comboよりも音がいい感じもします。

HT-1R Comboって真空管アンプで良いことは良いのですが、個人的にはそのサウンドがこもって聴こえる感じがした。

ですが、この「FLY 3」は抜けも良くかなり良い感じで鳴ってくれるところがナイスですね。

HT-1R Comboはリバーブが付いていましたがこの「FLY3」はディレイが付いています。

個人的にはディレイよりもリバーブの方が良いのですが。

ただ「FLY3」に関しては結果的にはリバーブよりもディレイを付けてあった方が良かったのかとも思う。

特にクリーントーンでディレイをかけて弾くとそのサウンドに艶が生まれるのでこれはギターを弾いていて中々気持ちが良いですね。

また3Wの出力と聞いた時には正直言ってあなどっていましたが、某ギターショップで割と大きな音を出してみたところ、中々迫力の有るサウンドで、なんなら家ではこのアンプがメインでも良いのかも?

なんて思うぐらいに良いサウンドをしていました。

そしてAmazonで注文をした時にこのアンプは電池で駆動するという事で、同時に単三電池も購入しました。

ですが、箱を空けて電池を入れようとしたらすでに装填済みでしたのでそのまま弾いてみましたがやはり6畳の部屋では充分なパワーです。

家での試奏も終了してこれから夜間のギターの練習にはこの「FLY3」を使うことが多くなると思い、そうなると電池の交換や処分が面倒だと思ってアダプターも即購入しました。

これは電池の交換や処分の面倒さから解き放たれて地味に便利ですね。

ただ少々お値段がね…

まあ便利なのですからそこいら辺は目をつぶりますかね。

BLACKSTAR ( ブラックスター )・FLY 3の特徴

BLACKSTAR・FLY3の特徴

・軽量でコンパクトな3ワット出力のミニアンプ。

・クリーンとオーバードライヴの2チャンネル仕様。

・迫力あるサウンドを実現するフルレンジ3インチ・スピーカー。

・MP3プレーヤーを接続して、ジャムや音楽再生が楽しめるMP3ライン・イン端子。

・アメリカンからブリティッシュ・サウンドまで幅広く対応するISFコントロール。

・録音やヘッドフォンに活躍できるエミュレーテッド・アウト端子。

・テープ・ディレイ・サウンドをシミュレートしたディレイ・エフェクト。

・場所を選ばず持ち出せるバッテリー駆動。

(単3乾電池6本。別売の専用パワーサプライFLY Power Supply(PSU-1)での駆動も可能です。)

BLACKSTAR ( ブラックスター )・FLY 3・詳細情報

BLACKSTAR・FLY3・詳細情報

技術型:デジタル

最大出力:3W

入力:1ギターインプット+MP3/Line In

コントロール:ゲイン・オーバードライブ・ボリューム・ISF(トーンコントロール)・ディレイレベル

エフェクト:ディレイ

チャンネル:2チャネル・クリーン・クランチ

スピーカーサイズ:3インチ

重量:0.9kg

外径寸法(幅×高さ×奥行き):170mm×126mm×102mm

BLACKSTAR・FLY3・サウンドチェック(You Tube)

BLACKSTAR・FLY3を購入する時に比較したアンプ

このアンプを買う前に検討していたのはVOXの「MINI GO 3」と「マーシャル・MS-2ミニアンプ」です。

ですが、実際にショップで試奏してみたらこのFRY3の方が小音量で弾いた時、クリーン、クランチ、オーバードライブまで満遍なく抜けの良いナイスなサウンドでしたのでFLY3を購入です。

まあ購入と言ってもYAHOOクレジットカードを作ったので、それの入会特典の10000ポイントで購入したので実質は無料です。

BLACKSTAR・FLY3のサウンドの作り方

FLY3にはBLACKSTARオリジナルのサウンドコントロール機能の「ISF」というトーンコントロールが付いていますが、これはEQのつまみを左に回すと「アメリカンテイスト」な元気なサウンドになり、右に回すと「ブリティッシュテイスト」な重厚感のあるサウンドになります。

「BLACKSTAR」のアンプにはこの「ISF」のトーンコントロールが殆どのモデルで使用されていますが、個人的にはこういったミニアンプでこそ、その真価を発揮すると思っています。

このトーンコントロールは非常に便利かつ、お手軽に思ったサウンドをアンプから出力してくれるのがとても気に入っています。

またディレイレベルまで細かく設定出来るのもナイスなところです。

クリーントーン+ディレイや、クランチ+ディレイでそのサウンドの幅は様々な音が作れて、尚且つ使えるサウンドなのも嬉しいところです。

深夜のギター練習のヘッドホンは、「オーディオテクニカ・ATH-M20x」がおすすめです。

深夜にギターを弾く時に、生音で弾いている方も多いかと思いますが、やはりエレキギターは生音で練習をするよりも、アンプからの出音を聴いて練習した方が上達は早いと思います。

その際、ヘッドホンはなんでも良い様に思いますが、個人的にはモニターヘッドホンで出力した音を聴いて練習した方が良いと思います。

普通のヘッドホンでも良いのですが、この「ATH-M20x」ですと、とても迫力のあるサウンドでギターを楽しめますからおすすめですよ。

オーディオテクニカ・ ATH-M20xモニターヘッドホン・素材の音を素直に聴けるヘッドホン。夜のギター練習のお供には最強です。

ローランド・CUBE-10GXも良いのですが

現在メインで使用しているのはCUBE-10GXですが…

昨日「FLY3」が届いたので弾き比べてみましたが、日中の家で有る程度の音の大きさでの練習ならばCUBE-10GX方が、圧倒的に良いサウンドです。

ただ現在の家は楽器演奏禁止なので(持ち込みも禁止!?)アンプから音を出す時も小音量で弾く事が多い。

でもそのぐらいの音に下げるとCUBEの良さが全然出ないので…。

ただCUBEもある程度の音量にしてギターを弾くとかなりナイスなサウンドですので自宅で普通にギターを弾ける方ならばかなり秀逸なアンプですのでおすすめですね。

特にクリーントーンの綺麗さでは群を抜いて素晴らしいサウンドだと思います。

またヘッドホン用にBOSSのアンプシミュレーターを購入しましたが正直、私には全然使いこなせなかった。

でもこの「FLY3」は普通に練習時に欲しい音が手軽に出せるのでアンプシミュレーターよりも使い勝手がいい。

電源コードが無くても電池で駆動するところもナイスな仕様ですね。

(私は基本、家でのみ弾くので電源アダプターを即購入しましたが。)

まあこれでしばらくはこのアンプで遊べそうです。

これは個人的な感想ですが10w以下のアンプの中ではこの「FLY3」のサウンドが一番お気になサウンドでした。

これは結構お勧め出来るアンプですYO。

因みに現在はBluetoothの「FLY3」も販売されていますので、用途によってはそちらが買いかも知れませんね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。