競馬の記事やグッズのレヴューが多いブログです。

バレンタインの義理チョコはないほうがいいのかな…???

先日、日経新聞広告を出した

高級チョコレートブランド『ゴディバ』

出した広告様々議論を醸し出しているようですが

私、個人の私見としては『別にど~でもいい』っていう

感じですか。

 

そもそも私は『バレンタインデー』という日が昔から

大嫌いであります。

 

その理由はモテないからではなく、むしろ同級生

ほかの男子の数倍毎年チョコレートをいただく側でした。

 

まあその期間は小・中・高ぐらいまででしたが、でも

その期間正直相当モテました。

ですがチョコレートをあげる側も大変ならば、

もらう側もそれはもう大変です。

 

特に義理チョコなんていうものは苦痛でしか

なかったです。

 

まあ私がチョコレートをいただいていた時代

『義理チョコね!?なんて言いながらも基本全部

本命チョコレートだったような記憶があります。

 

基本ツンデレ傾向のある女子がダメもとで保険をかけての

『義理チョコね!?の意味合いが強かったかと思われます。

 

ですのでなぜバレンタインデーが苦痛だったかというと

正直なお話しですが私は昔からなぜかわからないですが

本命女性とお付き合いした経験非常少ないのです。

(ってかほぼ皆無)

 

なので当然バレンタインデーに本命女性からチョコレート

をもらった記憶はほぼないです。

だからバレンタインデーは嫌いな日だったのです。

でも本命以外の、ちょっと語弊はあるかもしれませんが

『どうでもいい』女性からチョコレートをいただいても

正直お返しも大変だし面倒だったので中学生になって

初めてのバレンタインデーチョコレートはいただいた

全員丁重にお断りして、チョコレートをいただくのを

辞退したことを鮮明に覚えております。

(それでも翌年からも変わらずチョコをくれる

女子が多くて閉口しましたが)

 

そして学生生活も終わりしばらくの間はフリーターを

していましたがそこでも例の『義理チョコね!?攻撃が

まあ苦痛でした。

 

そして社会人になって、ぞくにいうサラリーマン

なってからの部署女性多く接する部署だったので、

やはり初期のころは『義理チョコ』をいただきましたが

それはそんなに苦痛ではなかったのですがやはりお返しが面倒で。

当時から『義理チョコ』お返しは3倍返しっていう慣習みたいな

ものが出来ていてそれにならってホワイトデーにお返しをして

いましたがもう面倒の一言。

 

で、ようやく『義理チョコ』から解放されたのは

結婚をしてからです。

 

まあこれも不謹慎なのですが結婚した女性は

それほど好きな相手ではなくなんとなく雰囲気で

お付き合いを始めて、そのまま流れで結婚してしまった

という、正直悲惨な結婚でした。

 

なので長続きしなかったのでしょうか

 

話しを『義理チョコ』の話に戻しますと私から

言わせたら何をいまさら

って感じですね。

 

昔からバレンタインデー煽っていた会社の一つの

『ゴディバ』いまさら『義理チョコはやめましょう』

っていうのは。

 

まあ新聞の広告は読みましたが、今一つ説得力に

欠けるというか今更何をいってんの???

 

って感じです。

 

まあ大きな会社の女性の方とのお付き合い

(男女の関係ではなく仕事関係での)はありましたが

やはり大きな会社だと女性は『義理チョコ』大変

だったようです。

 

中にはそういうことで普段取れないコミュニケーション

とっていた女性もいたようですがそれはごく少数

ほとんどの女性が昔から『義理チョコ』には苦痛を

感じていたようです。

 

まあ言わんとするところはわかりますが

 

でもこう大々的『義理チョコはやめましょう』

なんて言うと世のぞくにいう『ツンデレ女子』

『これあくまで義理チョコだかんね!?

作戦実行できなくなる可能性があるので

そこいら辺はかわいそうだと思いますが。

まあ正直どうでもいい記事なんですが、一応ね

私の見解をば

 

一応いっておきますが現在もチョコは別にほしいとは思いません。

(強がりではないですよ…。)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。