競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

映画【LET・IT・RIDE(邦題・のるかそるか)】競馬ファンは必見!?競馬ファンでならずとも楽しめるコメディー映画です。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

私は普段映画を観る時はほぼAmazon primeビデオで
映画を観ていますが、今回のタイトルの『LET IT RIDE』は
無料のビデオはもちろん有料のビデオにも無かったので
AmazonにてDVDを購入して観ました。

この『LET IT RIDEのるかそるか)』は今から30年程前の
1989年に米国で制作された映画です。

ストーリーは実に簡単でギャンブル好きのさえない主人公が
有る事をキッカケに競馬で一財産を築くというある種の
サクセスストーリーで、競馬ファンならば誰しも一度は
こういうことが有って欲しいという事を描いた映画です。

まあネタバレしても良いと思う映画なのですが
やはりこれから映画を観る方にはなるべくニュートラルな
頭で観て頂きたいので映画の内容はざっとご紹介致します。

【あらすじ】

ギャンブル好きのタクシー運転手の【ジェイ・トロッター】は
ギャンブルが嫌いな妻のパムと金輪際ギャンブルはやめ、
明日の仕事の終わる土曜日には仕事が終わったら真っ直ぐ
家に帰ると約束をするが、同じくタクシー運転手で
客の会話を録音するのが趣味の同僚、【ルーニー】が運転する
タクシーに乗って来た二人の男が、
『明日のレースでは必ずチャリティーという馬が優勝する』
という録音の会話を聞いたトロッターが妻、パムとの約束を
早くも破り翌日仕事が終わった後に競馬場に行き
チャリティーに50ドルを賭ける、がルーニーを始めとする
ギャンブル仲間はトロッターを冷笑する。

それというのもチャリティーはこれまでに8戦をして
全て負けている馬だったからで、競馬新聞でも勝つ確率は
ゼロでで有ると買いてあったからです。

まあこういうような内容の映画ですが競馬好きはもちろんのこと
競馬を知らない人でも楽しめるコメディー映画になっています。

私はこの映画が公開されたのちの多分2〜3年後に
レンタルビデオ店でビデオをレンタルして観た記憶が有り、
以来何度か繰り返し観ていましたが、最近ではレンタルビデオ店が
近所に無いのでこの十数年この映画を観ていませんでしたが
たまたま何かの拍子にこの映画を思い出して観ようと思い
Amazon primeビデオで探してみましたが無かったので
先述した様にアマゾンでDVDを購入して久しぶりに観てみました。

この映画はギャンブルをする人ならば全ての人が
一度はこうなってみたいという思いが詰まった映画ですね。

劇中で主人公のトロッターが発する一言一言に何か重みを感じます。

例えば競馬場の汚いトイレの中で『たまには俺にもツキを』とか
『この1レースだけ…もう競馬とは縁を切ります』などと
神様に向けてお願いをするのですがこういう事は競馬に限らず
ギャンブルをやっている人ならば誰しも一度は思ったりする
事なのでは無いでしょうか?

恥ずかしながら私にもこういう経験は有ります((笑

最近は競馬でも年間を通しての収支は黒字ですが
昔は結構酷い成績でしたのでこの気持ちは痛いほど
よく分かります。

まああまり映画の内容を書くとネタバレになってしまい
映画を観る時の感動が薄れてしまうと思いますので
多くは書きませんが競馬ファンならば一度は観ても
損はない映画だと思いますし、競馬ファンでなくとも
楽しめるコメディー映画だと思いますので、
是非一度この映画を観る事をおすすめ致します。

まあ気分が爽快になる映画ですよ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。