ジャングルみたいにカオスなブログです。

初めて?のBluetoothイヤホン・【Dudios】 カナル型・Bluetoothイヤホンはとてもしっとりとした艶の有る大人のサウンドが魅力です。

Kera

こんにちは、Kera (@keranolog) です。
Bluetoothイヤホンを買ったんだって?

たろう

Kera

うん、今まで躊躇していたけど思い切って買ってみたよ!?

今までBluetoothイヤホンの購入を検討した事は
有りましたが、中々思い切りが付かなくて
最近まで購入を見送っておりましたが、
iPhoneも7からイヤホンジャックが無くなったので、
やはり何気にBluetoothイヤホンって便利だろうな?

と思い、早速、Bluetoothイヤホン&人気ランキングで
検索をしたら『iHarbort』というメーカーの
Bluetoothイヤホンがamazonで2位の売り上げ
みたいでしたので、早速ポチっとしましたが…

これはこういうタイプのイヤホンなので
仕方がないのでしょうが、装着した感じの密着感が
無かったので、サウンドにも迫力が無い。

なので、1日使って駄目だと思って、再度amazonで
Bluetoothイヤホンを検索したら『Dudios』
というメーカーのBluetoothイヤホンが目に留まったので
早速これもポチっとしてしまいましたが、これが大正解!?

『Dudios・Zeus Leisure・Bluetoothイヤホン』

『iHarbort』のBluetoothイヤホンはiPhoneで
通話が出来るマイク付きなので購入しましたが
やはり形状のせいかサウンドに迫力も艶もないのですが、
こちらの『Dudios』の『Zeus Leisure』は
私の好きなカナル型のイヤホンで、装着感が
ピタっとしていてとても良い感じのBluetoothイヤホンです。

当初は完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンの
購入も考えましたが、なんか落としそうで怖いので
こちらを買いましたがそれも正解でした。

各ジャンルの音楽を聴いてみての評価は下記の通りです。

Dudios・Zeus Leisureのジャンル別評価
クラシック
(4.5)
ジャズ
(4.5)
J-POP
(4.5)
ロック
(4.5)
ヘヴィーメタル
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

Dudios・Bluetoothイヤホンのサウンドの特徴

サウンドの特徴としては、今まではやはり
amazonで購入した『GGMM』のカナル型の
1千円半ばのイヤホンを使用しておりましたが

そちらがドンシャリ系のサウンドで、特に
高域の音質がちょっと耳に痛いモデルでしたので、
今回のイヤホンにはとても満足しています。

とは言え『GGMM』のイヤホンも『Dudios』
のイヤホンと比べての高域が耳に痛いという
感じですので、『GGMM』のイヤホンも
通常のイヤホンでしたら結構好みのサウンドで
満足はしていました。

『Dudios』のサウンドのレヴューですが、
私がイヤホンのサウンドを比較する時に
用いるヘッドホンは、オーディオテクニカの
ATH-M20xを基準のサウンドにしています。

オーディオテクニカ・ ATH-M20xモニターヘッドホン・素材の音を素直に聴けるヘッドホンです。

このヘッドホンはモニターヘッドホンですから
サウンドがフラットなのが特徴ですので、
イヤホンのサウンドをレヴューするには
先ず、基本のサウンドの物と比較する必要が
有りますので、このヘッドホンを使用して
レヴューです。

Dudios・Zeus Leisure ワイヤレスイヤホン・レヴュー

高域

キチンと高域のサウンドは出ていますが
それが耳に痛い高域の出音ではなく上品な高域が
特徴です。

中域

艶のある中域でしっとりとした出音が
とても魅力な音質です。

低域

低音がズンズンと響くタイプのサウンドでは
無いのですが、こちらもまた艶のある低域の
サウンドが魅力です。

Dudios・Zeus Leisure・Bluetoothイヤホン

総合評価

Dudios・Zeus Leisure・Bluetoothイヤホン
価格
(4.5)
サウンド
(4.5)
耐久性
(3.0)
総合評価
(4.0)

私は主にヘヴィーメタルを聴く機会が
多いのですが、今までのイヤホンが俗に言う
ドンシャリ系のサウンドでしたから、
細かいサウンドまではチェック出来なかった部分も
有りましたが、こちらの『Dudios』のイヤホンは
全体的にバランスの取れたサウンドが魅力で
同じヘヴィーメタルの曲を聴いていても
言い方は上手く言えないのですが、ちょっと上品な
サウンドになるので、長時間音楽を聴いていても
疲れないのが魅力のイヤホンです。

そしてサウンドの解像度もこの価格帯にしては

非常に高いと思います。

また、クラシックやジャズ、J-POPも聴いて
みましたが、やはり今までのイヤホンと比較すると
全体的に中低域の艶の有るサウンドがとても魅力の
イヤホンで、価格的には今まで使用していた
『GGMM』のイヤホンより1千円ほどプラスした
お値段なので、これからイヤホンを購入される方は
『Dudios』のイヤホンの方が良いかも知れません。

スペック

・金属ボディ:金属ボデイ・快適なカナル型
・マグネット搭載:使わない時はマグネットでくっつくので
 首輪状態になり落下しない。
・クリアな高音質:CVC6.0ノイズキャンセリング
・IPX5防水防塵:スポーツ時の汗や小雨での使用に耐える防水・防汗性能。
・連続再生時間:8時間連続再生。
・充電時間:1.5時間。

製品仕様

通信方式:Bluetooth 4.1
対応Bluetoothプロファイル:HSP,HFP,A2DP,AVRCP
Bluetoothチップセット:CSR8645
apt-Xコーデック機能:付き
通信距離:10M(障害物無し)
待機状態:約100時間
再生時間:約8時間
充電時間:約1.5時間
適用範囲:Bluetooth機能搭載の各種デバイスに対応

付属品

・クリップ:2個
・イヤーピース:4種類
・充電ケーブル
・専用ケース

最後に。

このBluetoothイヤホンは記事の冒頭でも書いた様に
この価格帯のBluetoothイヤホンの中では多分、
ワンランク上のサウンドだと思います。

もっと高価なBluetoothイヤホンも有りますから
それらと比べるとどうなのかは分からないのですが
個人的には私の音楽の聴き方でしたら先ず問題は
ない感じがしますので、しばらくはこの
Bluetoothイヤホンを使用すると思います。

『Dudios・Zeus Leisure ワイヤレスイヤホン』は
とてもおすすめの出来るBluetoothイヤホンだと
思っています。

追記:約、1週間の使用で、既に下記の画像の様に商品の一部が
剥がれて来てしまいました。

ですので、耐久性に関しては
大きく点数を下げる結果となりました。

ただ、サウンドに関しては個人的には百点満点の評価になります。

参考になれば幸いです。

追記
上記の画像を基に、Amazonさんに連絡をしたら、

返品&返金をしてくれるとの事でしたが、一応Amazon経由で

販売元にメールで連絡を取った所、翌日には返信が来て、

上記の画像を添付したら、その二日後には交換の商品が

送られて来ましたので、今回は耐久性に関しての点数を修正しました。

上記の様な不具合など、この商品には1年のメーカー保証が有りますので

安いからと言ってそのまま捨てるのは勿体無いですね。

何か有りましたら、Amazon経由で販売元に連絡する事を

おすすめ致します。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。