食事や健康のこと。グッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

ブログで成功している人は全体の1~2%なんじゃないかな?

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

今日は現在の国内のブログをやっている方々で収入を得て成功している方の割合がどのぐらいなのかを考えてみました。

 

現在、私の様に個人でドメインを取得し、サーバーをレンタルしてブログの運営を続けている方はそんなに多くないかと思われます。

 

ブログをやっている殆どの方がアメーバーブログやライブドアブログ、ちょっとコアな方ですとはてなブログなんかをやっている方が圧倒的に多いかと思われます。

そのブログ人口はもう10年前の資料になるかと思われますが1700万人程度と言われています。

(アクティブな方はこの数の3割程度かと思われます。)

 

ブログに参加している方の殆どの方が上記の数字の方でその中のブログで収入を得て成功している方々って全体のほんの数%だと思います。

 

でなければ広告収入で暮らせていける方の収入は限られて来てしまうと思うからです。

 

実際にはブログってそんなに簡単ではないですし、本気で記事を書こうとすると意外に時間が掛かりますから正直、1日・1時間や2時間でなんとかなるもんでは無いと思います。

 

私が以前、無料のブログサービスをやっていた時につながりの有った方のブログを見に行ったりすると大体の方の文字数が300文字~500文字程度のブログの記事だったかと思われます。

 

無料ブログで個人の趣味や雑記などを書いているブログならばそれでも良いと思いますし、それが普通ですが、これが報酬の発生するブログになると話しはちょっと変わってくるみたいです。

 

まず、報酬の発生するブログの一番大事なところは恐らくですが、世の中の人の為になる記事を書いている方が殆どでしょう。

 

だって有名人でもない方の日常の雑記の記事なんて誰も読みたいとは思わないですし、その方が何を食べてどんな音楽を聴いてどんなTVを観てどんな映画を観ているのかなんて正直、他人から見たらどうでもいいお話しですよね?

(って言いながら私のブログの記事もそのどうでも良い記事が多いですが…。)

 

まあ一部のブログでは料理の種類に関わらず高級なお店で〇〇を食べて来ました!?

 

なんて記事もたまに有りますが、実際にそういう方はかなり数が少ないと思われます。

 

芸能人ならば高級店で美味しい料理を日々食べていてそれらをアップしている芸能人は多いですが、個人でそれをやろうとしても正直お金が続くわけがないと思います。

 

個人でお金を持っていて高級なお店に通って美味しい物を食べる様な方はそもそもブログなんていうものはやらないでしょうし皆さんが見たいと思っている記事って、例えば一見さんお断り!?

 

みたいなお店の料理の内容とかお味ですよね?

 

個人でそういう記事を書こうとしてもそもそもお金の問題でせいぜい『今日はマックでグランマックを食べました』とか『今日は牛角で焼肉ディナーです!?』とかいう内容になるのは

目に見えていますから正直難しいですよね。

(とか言いつつ私もブログの記事でラーメン食べたとか書いていますが…。)

 

またそもそも論ですが先述したブログのサービスって広告を貼ったりは出来ないですから、広告収入など見込めるわけが無いと思います。

 

仮に無料のブログサービスで広告収入を期待出来るとしてもそもそも無料のブログサービスはGoogleなどの検索エンジンでヒットしないのでかなり無理が有ると思います。

 

ですのでもしも広告収入のあるブロガーになりたいとか思っている方がいらっしゃいましたら独自のドメインを取得して、尚且つサーバーもレンタルして独自のブログサイトを立ち上げる事しか道は無いかと思っています。

ただ独自のドメインはそのドメインの内容でお値段は変わって来るとは思いますが、一般的なドメインですと年額2千円~3千円程度でしょうからそれなりの出費になります。

 

そしてサーバーも併せてレンタルしなければならないのですが一般的なXサーバーですと、安いプランで月額1千円程度ですので年間にすると1万2千円程度の出費になります。

(これに初期費用も掛かって来ます。)

 

勿論、格安なサーバーも有る事は有りますが、そういう格安なサーバーって速度が遅かったり、仮に一つの記事がバズったりしますと即、サーバーがダウンする可能性が非常に高いと思います。

 

上記に書いたドメイン代とサーバーのレンタル代で一般的な個人のブログサイトの運営費は大体年間1万5千円ていどは見ておかなければならないかと思われます。

 

ですので仮に個人のブログサイトで広告収入が発生しても上記の金額以上の収入が無いと基本的には赤字で、尚且つブロガーになってその収入だけで生きて行くとなるとそれはもう1日に5時間~8時間とかいう労力は必要かと思われますのでそういった面で考えるとブロガーなんていう夢は見ない方が良いのかと思われます。

 

最近というか、かなり以前から広告収入で生活しているユーチューバーでさえ、その広告収入で生活出来る方って上位のほんの数%しか存在しないと思いますし、それはブロガーと呼ばれる方々も同じで、ブロガーもブログ人口の中のほんの1~2%ぐらいの方々がブログの収入だけで生活出来るレベルではないでしょうか?

 

もし世の中の私を含めたブログを書いている方々、全ての方に広告収入が発生してしまったら…

 

そうなって来ると上位の人気ブロガーさんの広告収入が減ってしまいますから。

 

まずそんな事は有り得ないと思っております。

 

そしてそもそも論ですが、Google先生に代表される検索エンジンで認識されるには、最低でも文字数は2000文字以上は必要不可欠だと聞いています。

 

実際にこの記事の文字数で大体2000文字程度ですので最低でもこのぐらいの文字数を、それもほぼ毎日更新して行くとなると、普通の方ですと多分ネタ切れになる事は分かり切っていますよね。

 

ただブログの記事の文字数が2000文字以上っていうのはあくまで一般論で、中には500文字~1000文字程度のブログの記事でも広告収入を得ている方は存在すると思いますがそういった方々の記事はその文字数でも世の中の人の為になる記事や興味を引く内容なブログの記事で有るかと思われます。

 

まあこれはあくまで推測でのお話しですが…。

 

簡潔に言いますと、世の中で報酬の発生するものってサラリーマンでもそうですが、基本的には厳しい世界ですのでどの道を選んでも厳しい事に変わりはありません。

 

よく下手の横好きという言葉が有りますが、それを職業にするとなると下手の横好きではそもそも職業として成り立たないですね。

 

では何故世の中で一番多い職業で有るサラリーマンは職業として成り立っているのかと言うと、何処の企業でも様々な職種が有りますので、その中の適材適所で仕事をしているからサラリーマンという職業が成り立っているのかと思われます。

まあ変なお話しで、私が言うのもなんですが世の中ってそんなに甘くはないかと思われますが…?

 

ただ…

 

ブログでもなんでもそうですが、継続は力なりですから、続けていれば何か良い事も有るかもです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。