食事や健康のこと。グッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

競馬(投資)で勝てない時の対処法は?

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

このサイトでは競馬はギャンブルではなく投資という観点から競馬を見ていますが

 

とは言っても所詮はギャンブルの範疇を超えられるかというとそれは正直分かりません。

 

ですが私は以前から記事にしている様に競馬は投資になり得るという観点から競馬を見ていますが、今日はそういうった観点を抜きにして、例えば競馬や競輪、若しくは為替取引や株式取引等といった異なる対象でも根っこは全て同じなのだと思うのですが、その際にどうやっても何をやっても勝てない時があります。

 

例えば勝てない時というのは競馬で例えますと単勝が元返しの1.0倍のほぼ99%勝てるといった馬を買ったとしても勝てない時はその元返しの勝てる確率が99%の単勝馬券すら外れるという事がままあります。

 

もうそういう時は正直、どんなに固いと言われている馬券でも外す運命なのです。

 

これが為替取引や株式取引でも同じで勝てない時はどんな手を打っても何をやっても勝てません。

 

本当に不思議なぐらいに勝てません。

 

例えば私が競馬の予想をする際は、毎回同じパターンのファクターを方程式に当て嵌めて競馬の予想を行っていますが、勝てる時も勝てない時もほぼ同じファクターを同じ配分で方程式に当て嵌め馬券の予想を組み立てていますが、面白いことに勝てる時は勝てますし、勝てない時は絶対に勝てません。

created by Rinker
¥1,430 (2020/05/30 03:51:18時点 Amazon調べ-詳細)

まあ今回は表題の勝てない時の対処法なので、私がどのようなファクターどれぐらいの配分で予想に取り入れているのかは此処では触れません。

 

基本、企業秘密といった部分もありますので、このサイトで予想は載せますが、その際の予想の方法やどのようなファクターを取り入れて尚且つ、その様々なファクターをどのような配分で予想を組み立てているのかという事は公表することは多分ないと思います。

 

まあ此処でこんなファクターを取り入れていますよ!?

 

という事は過去の記事で書いたかも知れませんが、そのファクター公表しても、そのファクターをどれぐらいのさじ加減で予想に反映しているかというのは伝えるのも少々難しいので割愛させていただきます。

 

そして表題の件ですが、3月に入ってからの成績は下記の通りです。

総投資額       131.500

回収合計金額  61.800

収支  マイナス 69.700

投資対象レース 8レース

回収率      46.9

というような内容ですので普通に見ても8戦0勝という結果です。

 

まあ競馬ではこんな成績は当たり前といっても過言ではない範疇ですがやはり8戦0勝となると少々考えてしまいますね。

 

まあ先週の土曜日の競馬の予想の公開の記事の中でも、また日曜日の予想公開の記事の中でも、何度もモチベーションが上がらないという事を記事に書いていましたが、まあこれだけ馬券が的中しないと当然といえば当然なのかとも思います。

 

でも2018年で見るとここではあえて金額は載せませんが回収率は240.1なので正直、そこまで悲観するような内容でもありません。

 

まあ自分の中でもそこまで悲観はしていませんし、2月に集中して勝っているので、3月に集中して負けることも想定内といえば想定内です。

 

勝つこともあれば負けることもあるのが勝負の世界ですから。

 

ここで表題の件に入りますが競馬を代表とするギャンブルで勝てない時。

 

またこれは競馬等のギャンブルだけでなく、投資と言われている為替取引や株式取引全般で言えることなのですが、相場の世界でよく言われている言葉に『休むも相場』という格言があります。

 

まあ読んで字の如くなのですが以前も記事にしましたが競馬だけで見てもJRAだけで年間1000レース以上の番組があります。

 

また株式取引の場合は時間が限られていますが、基本、土日・祝日を除く年末年始以外は取引が行われており、為替取引に至っては土日を除く月曜日から金曜日の深夜(土曜の早朝)まで24時間取引が出来る状況です。

 

そんな中で年間を通して相場が動いている時に、全ての取引をするというのは正直あまりお勧め出来ませんし、毎日取引をしていると自然と勝てる日と勝てない日が出てくるのは当然ですが、そんな時に勝てない時期が続き負けが増加してくると人は冷静さを欠いて冷静に考えたら負けるのが分かっていても相場に参加したくなるものです。

 

ですが上記の格言の通りで『休むも相場』という観点から見ると勝てない時はどんなロジックを用いようと勝てないのですからそういった時は思い切って休むという事も大事だと思います。

 

先にも書いたように勝てない時は単勝の人気が元返しのほぼ99%勝てる馬がいてその馬にベットしたとしても不思議とそんな時に限って勝って当たり前の馬が負けたりします。

 

まあそれが相場の世界というか例えば競馬や競輪のギャンブルと呼ばれるものに関しても、為替取引や株式取引と呼ばれるもの全て同じ原理で勝てない時は何をやっても、どうしても勝てないのです。

 

そういった時はもう全て忘れて一度、ギャンブルや投資の世界から一歩引いてその世界から離れてみるのが一番だと思います。

 

例えば為替の世界で、私は過去2度退場を与儀なくされた機会がありましたがその際は1年少々相場を休んだこともあります。

 

そして相場の世界からは一度完全に離れてリフレッシュしてからまた相場の世界に戻りました。

 

先週の日曜日は予想こそ公開は致しましたが、その日のレースは録画をしてその日は予想を公開してから馬券も買わず競馬の事は一切忘れて他のことをしていました。

 

まあ何が言いたいのかというと、ギャンブルでも投資でも根っこは同じで勝てない時はどうあがいても勝てないのでそういう時は一回そのギャンブルなり投資なりから距離を置くのが一番です。

 

幸い、今回、競馬でモチベーションが上がらなかったのですが、先週の日曜日から翌日の夜まで競馬の事は一切考えないで過ごしていたら月曜日の夜からまた競馬をやりたいと思うようになったので今回は競馬にモチベーションが出ない病もそんなに重症ではなかったかと思われます。

 

まあ、今週末の競馬でもまた負ける可能性は大きいかも知れませんが、今週末は先週末とは違った気持ちで予想に入れると思います。

 

これも休んでリフレッシュしたからこそだと思います。

 

まあ何度も同じようなことを言うようですが、ギャンブルでも投資でも例えば仕事でも全て根っこはおんなじで、勝てない時は勝てないですし、上手くいかない時は何をやっても裏目に出るので、例えば仕事なんかでも上手くいかない時は思い切って有給を取るとかして一回その場から離れてみるのが一番良い方法だと思います。

 

なので大きなくくりで言うと人間、生きているからには上手くいかない時は多々ありますが、そのような時は一度、その上手くいかないことから離れてみるのも一つの手だと思います。

 

しかし『休むも相場』という格言は本当に良い格言で言い得て妙です。

 

意外に多いのが休んだとたんに自分の予想どおりの方向に相場が動いたとか馬券の予想が当たっていたという事も多々ありますが、その時はその時です。

 

後は自分の中のモチベーションなり運気が上向いてきたな?

 

という時に改めて勝負に入ればいいのです。

 

まあ表題の件の答えにこの文章がなっているかどうかは分かりませんが要はそういう事です。

 

人間、どんなことでもドツボに嵌る前に対策を打たないと最悪という事態にもなりかねませんから。

 

そういう事態に陥らないためにも、『これってヤバイ兆候かも?』。

 

と思ったら無理せず一度その世界から離れてリフレッシュすることをお勧め致します。

 

本当ですよ。

 

人間、駄目な時は何をやっても駄目なのですからね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。