食事や健康のこと。グッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】このお値段では超コストパフォーマンスに優れているBluetoothイヤホンです。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です

TARO

またまたBluetoothイヤホン買ったらしいじゃん?


Kera

TARO君、他にも結構買っているんだけど中々良いイヤホンがなくてレヴュー出来なかったんよ!?

TARO

おっ、じゃあまた高いBluetoothイヤホンを買ったの?


Kera

それが激安なのに音が素晴らしいんですよ〜!?

TARO

どんなサウンドなの?


Kera

TARO君、奥行き感が有って立体的なサウンドが特徴のBluetoothイヤホンなんですよ。

TARO

じゃあ早く聞かせてよ、そのBluetoothイヤホンの事を!?


Kera

OK、じゃあレヴューを始めるね。

と言う訳でBluetoothイヤホンを買いまくっているKeraですが、最近購入したBluetoothイヤホンは不発が多かった。

それと言うのも私は基本的にアンダー5千円のBluetoothイヤホンを攻めているのでハズレも多い。

ですが今回の【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】は5/31日現在のAmazonさんでの価格は破格の2.880円と言う超絶コスパが良くて、尚且つサウンドもかなりイケテルBluetoothイヤホンなんです。

【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】のBluetoothイヤホンも同じ値段なので、どちらを買っても問題は無いと思いますが、作りは【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】の方が丁寧でちょっとだけ高級感が有ります。

【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】の過去記事は下記のリンクからお読み下さい。

【Hiyoo W8・ブルートゥースイヤホン】このお値段では超絶コストパフォーマンスの高いナイスなサウンドのBluetoothイヤホンです。

【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】

ご覧の様に【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】はネックバンド式のBluetoothイヤホンです。

【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】も良かったのですが、【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】のBluetoothイヤホンの方がネックバンドが秀逸で、画像の様にネックバンドが【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】よりも太くてチューブタイプのネックバンドで、角度も付いているので首に馴染むんです。

そして恒例の結論から参ります。

【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】のサウンドの特徴。

【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】のサウンドは、ほぼ【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】と変わりないぐらいに良いのですが、どちらかと言えば【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】の方がしっとりとしたサウンドで、【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】の方はサウンドに奥行きがあり、立体感を感じるサウンドです。

ですのでサウンドにしっとりとした艶の有るサウンドを求める方は【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】を。

サウンドに立体感やライブ感を求める方は【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】を。

と言った具合で買い分ければ良いと思います。

Anpoow W9
高域
(4.5)
中域
(4.5)
低域
(4.5)
総合評価
(4.5)
Anpoow W9
ロック系
(4.5)
J-POP系
(4.5)
クラシック系
(4.5)
ジャズ系
(4.5)
総合評価
(4.5)

ほぼ全ての項目で満点に近い評価を与えられますね。

上記の評価に関してはiPhone XRで音楽を聴いての評価ですが、どのスマホでも同じ様な結果になると思います。

コントロールボタンの操作

・電源オン:電源ボタンを3秒長押し。

・電源オフ:電源ボタンを5秒長押し。

・電話に出る&切る:電源ボタンを一回押す。

・リダイヤル:電源ボタンをダブルクリック。

・通話拒否:電源ボタンを2秒長押し。

・音楽再生&一時停止

・曲戻り&曲送り:音量調節ボタンを一回押す。

通話品質

こちらもiPhone XRでの通話ですが、相手の声もクリアに聞こえて、尚且つ会話がちゃんと成立していましたので問題は無いと思います。

付属物

・保証書

・日本語説明書

・イヤーピース・大・中・小

・充電ケーブル

テクノロジーと仕様

・Bluetooth 5.0大三世代。

・業界最先端Qualcomm社QCC3003チップセット

バッテリー性能:20時間再生(フル充電時)

CVC 8.0ノイズキャンセリング

IPX7防水

ネックバンドが秀逸

【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】のネックバンドも良かったのですが、【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】はそれを超えるネックバンドです。

画像を見ていただければお分かりの様にネックバンドがチューブ型で、ネックバンドが立体的になっているのがミソです。

これによって自然と首に馴染むネックバンドとなっています。

(右が【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】です)

イヤホンの部分が小さいので寝ながらでも苦になりません。

【Hiyoo】のBluetoothイヤホンもそうなのですが、イヤホンの部分が小さい造りなので、寝ながら横向きに枕で音楽などを聴いても耳が痛くならない設計。

私は結構寝ながら横向きに寝て枕の上で音楽を聴いていますが、【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】もイヤホンの部分が小さい造りなので、横向きに寝ながら音楽を聴いていても耳が痛くなりません。

これは本当に重宝しています。

難点も有ります。

製品自体はとても良く、作りもサウンドも言う事無しなのですが、コントロールのボタンが扱いずらい。

慣れの問題もあるのでしょうが、ちょっと扱いにくいですね。

総合評価

総合的に見ると、今までメインで仕様していた【Hiyoo W8・Bluetoothイヤホン】と同等のサウンドなので、当たりのBluetoothイヤホンです。

音楽は食と同じで好みの問題ですが、この【Anpoow W9・Bluetoothイヤホン】は万人受けするサウンドと作りだと思います。

低音も高音もドンシャリ系ではなくタイトで締まったサウンドが特徴ですね。

なのでドンシャリ系のサウンドを求める方には合わない可能性も有ります。

でもこのお値段で、この音質ならば私の様なサラリーマンのお小遣いでも楽に購入出来るBluetoothイヤホンなのでおすすめは出来ます。

またイヤーパッドはどの方にも合う設計になっていると思いますが、万が一合わない場合は単体での購入も考えてみて下さいね。

Kera

このレヴューを信じるか信じないかはあなた次第です!?

TARO

またまた都市伝説かよ…ƪ(˘⌣˘)ʃ


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。