ジャングルみたいにカオスなブログです。

競馬の予想の根幹は何を根拠に予想していますか?今週末からΩ指数の販売を始めます。

Kera

こんにちは、Kera(@keranolog)です。

皆さんは競馬の予想をする時に、
何を根拠に予想をしているでしょうか?

競馬新聞の印を元に競馬の予想をしている方が
多いと思います。

ですが競馬新聞の予想家の殆どの方の年間収支は
マイナスだという事実をご存知ですか?
それはそうですよね。

競馬新聞の予想家の方々は、基本的に2場開催の場合で
24レース、3場開催の場合ですと36レースを予想していますので、
それでプラス収支を求めるという事は酷な事です。

私の場合ですが、基本的には土日のメインの重賞のみに
的を絞って予想をしていますので、2015年から2018年まで、
馬券の収支はお陰様でプラス収支です。

そしてその予想の根幹がΩ指数という、
私、独自の指数を元に予想をしています。

Ω指数に関しては下記の私の記事をお読み頂ければと思います。

Ω指数とは?競馬の予想を何で予想していますか?馬券の年間収支のプラスの方は全体の6~8%らしい???

直近の実績は下記の通りです。

2019・桜花賞(G1)

1着 グランアレグリア  :Ω指数1位
2着 シゲルピンクダイヤ :Ω指数4位
3着 クロノジェネシス  :Ω指数3位
馬連  4.410円
3連複 5.990円

2019・皐月賞(G1)

1着 サートゥルナーリア:Ω指数2位
2着 ヴェロックス   :Ω指数3位
3着 ダノンキングリー :Ω指数1位
馬連     950円
3連複 1.480円

上記の様にΩ指数、第4位までの馬で馬券は決着しております。

上記のΩ指数は私のブログサイトで公開しているもので、
創作では有りません。

今年に入ってからこのΩ指数を、
無料にてサイトで公開しておりましたが、
今週末から、6週間、noteにて500円で公開致します。

(その後は月額500円で毎月、販売を継続致します。)

私は競馬の仲間が結構居りますが、その中で数人、
競馬予想会社に登録をしている仲間が居りますが、
その仲間に聞いたところ、だいたいの競馬予想の会社の料金が
1レース辺り1万数千円らしいです。

それでも当たれば良いのですが、聞いたところによると、
中々当たらないらしいです。

1レースの予想の販売は1万数千円という事を鑑みると、ちょっとね…???

なんて思います。

そう言った事実をかんがみると、6週間で500円というのは
有る意味破格のお値段かと思っております。

※6月からは1ヶ月・500円での販売になります。

今回、このnoteを販売するにあたり葛藤もありましたが、
Ω指数を弾き出す労力を考えれば、有る意味妥当な
金額かとも思いますし、むしろ安い。

ですので、今週末から、このnoteを購入して頂いた方に限り、
5月末までの6週間のΩ指数を500円でご覧頂けます。

その後は1ヶ月で500円での販売になるかと思われますが、
最終的には、月額980円程度での販売を考えております。

noteの購入はコチラをクリック⇨ https://note.mu/keranolog/n/n76b2defa829b

※重賞の無い日はΩ指数の公開は有りません。

※今週末からこのnoteを購入した方は500円で6週間Ω指数を全てご覧頂けます。

※このnoteはΩ指数の販売のみで、予想の販売では有りません。

※Ω指数の公開はレース前日の午前零時までにこのnoteにて公開を致します。

第一弾
4月20日・福島牝馬ステークス(G3)
4月21日・読売マイラーズカップ(G2)
4月21日・フローラステークス(G2)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。