競馬の記事やグッズのレヴューが多いブログです。

今週の注目馬・安田記念(G1)。

こんにちは、keraです。

 

毎週水曜日の夜に更新の今週の注目馬のコーナーです。

 

このコーナーを新設してから今回の更新で

20回目になりますが 前回の19回の更新

までで9頭が馬券の対象(1着・2着馬)

に なっている注目のコーナーです。

(3着までの複勝圏内までならば14頭が

馬券圏内で馬券圏内率 73.7%です。)

 

 今週の注目馬は6月3日(日)に行われる

東京11R・安田記念(G1)からのご紹介です。

 

今週の注目の1頭は『キャンベルジュニア』です。

 

今年の安田記念(G1)はもしかしたら

日本ダービー(G1)並みに荒れる可能性が

高い気がします。

 

っと言うのも人気上位が予想される馬たちには

それぞれ期待よりも不安な要素の方が多い様に

見受けられるからです。

 

推定で1番人気に推されるであろう

スワーブリチャードはデヴュー以来マイルは

一度も使った事が無いですし、2番人気

予想されるサングレーザーは東京コースがお初。

 

そして3番人気が予想されるペルシアンナイト

関してはマイルチャンピオンシップ(G1)

勝ち馬ですがそもそもマイルチャンピオンシップ(G1)

の京都のマイル外回りコースと安田記念(G1)

東京コースでは求められる脚が全く違うので同じ

マイルのG1レースの勝者だからと言って素直に

飛び付く訳には行かないと思います。

 

そして4番人気5番人気が推測されるアエロリット

リスグラシューですが、共に牝馬で、しかもタフな

東京コースのマイルG1ヴィクトリアマイル

から僅か中2週での参戦では正直厳しい気がします。

 

本来ならば今日のこのコーナーではリスグラシュー

今週の注目馬に推そうと思っていましたが、

上記の理由を加味すると、前走のヴィクトリアマイル(G1)

メイチの仕上げだった事を考えるとやはり人気でも

推しづらい面があるかと思われます。

 

ただ上位人気が予想される馬の中では一番重い印を

打ちたいと思っていますが、今回は紐の1頭

なるかと思われます。

 

そして今回の『今週の注目馬』に推した

キャンベルジュニアですが、この馬は昨年は

無理使いが祟ってダービー卿CT(G3)以降の

成績は11・10・11と非常に悪い成績でしたが

その後は放牧に出して心身共にリフレッシュしてから

馬体も増えて今年のダービー卿CT(G3)

京王杯スプリングC(G2)を連続で2着して今回の

安田記念(G1)に臨みます。

 

またこの馬は南半球産遅生まれなので、

今年、6歳になったのですが、前走の

京王杯スプリングC(G2)がデヴュー以来

最高の馬体重で出走しての2着なので

この馬も中2週では有りますが本格化?

した今の状態ならば先述した人気の馬たちとも

充分に渡り合えるかと思っております。

 

今回は斤量がデヴュー以来、初めての58㎏と

なりますが馬格の有る馬なのでそれも苦にしない

かと思われますし人気上位馬が差しの脚質からも

今回穴を開けるのならば前に行くこの馬なのかな?

 

なんて、ある種の希望的観測では有りますが今回は

この馬に注目してみたいと思っています。

 

 

以上今週の注目馬でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。