競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

今週の注目馬・2018・ジャパンカップ(G1)。

Kera

こんにちは、Kera (@keranolog) です。

毎週木曜日の夜に更新の今週の注目馬のコーナーです。

このコーナーを新設してから今回の更新で
44回目になりますが 前回の43回の更新までで
14頭が馬券の対象(1着・2着馬)
に なっている注目のコーナーです。
(3着までの複勝圏内までならば20頭が
馬券圏内で馬券圏内率 46.5%です。)

今週の注目馬は11月25日(日)に行われる
東京11R・ジャパンカップ(G1)からのご紹介です。

今週の注目の1頭は『アーモンドアイ』です。

この馬はデビュー戦こそ2着に敗退しましたが、
その後はオール連対だけではなく、すべてが
1着での競馬。

しかも3戦目のシンザン記念(G3)では並み居る
牡馬を子ども扱いにした競馬で、稍重の馬場でも
34.4秒の上りの脚を使い、他馬が止まって見える
ぐらいの鬼脚で突っ込んで来ました。

ただ、この時は2着馬も牝馬だったことから、個人的には
レースレベルに疑問を持っていましたので、続く
桜花賞(G1)では本命の印は打ちませんでしたが、
それが失敗。

その後は牝馬クラシックで破竹の3連勝という
圧倒的な強さで完璧な勝ち方でした。

正直、Tジョッキーが乗ってもシンザン記念(G3)で
あの競馬ですから、今回は主戦のジョッキーが
〇〇〇を選ばないで、こちらを選んだ事から、
〇〇〇は別のG1レースを使用するみたいです。

斤量面を見てもハッピーグリーンを除いてすべて
斤量が57㎏なので、今回は53㎏で出走出来るのならば
以前から言っている様に、1㎏・1馬身と考えると
牡馬のトップクラスの馬に4馬身のアドバンテージが
有るのも魅力です。

ただ、1㎏1馬身というのは、実質的にはマイルから
2000m程度までの話しですから、今回は東京の
2400mという事で、実質的にはそこまで大きな
斤量面のアドバンテージではないのかとも思っています。

実質的には半分の2馬身ぐらいのアドバンテージかと
思われますが、それでも大きなアドバンテージです。

Ω指数に関しても、現在集計中ですが、途中経過で、
斤量面のアドバンテージを加味するとトップクラスに
躍り出ますので、今回はこの馬にもれなく付いてくる
出遅れさえなければ頭まで有るかと思うほどです。

今回は調教もよく動いているみたいですし、
ジョッキーも『フェラーリみたいな加速!?』
というぐらいに完璧な調教でしたので、
このメンバーならば、少なくとも3着までの
複勝圏内までには入選すると思っています。

本来ならば、あの馬を【今週の注目馬】にしようかと
思っていましたが、データ的には消えますので、
今回は人気が予想されますが、連軸に関しては
この馬で仕方ないのかとも思っています。

以上簡単では有りますが今週の注目馬でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。