競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

今週の注目馬・2018・天皇賞・秋(G1)。

Kera

こんにちは、Kera (@keranolog) です。

毎週木曜日の夜に更新の今週の注目馬のコーナーです。 

このコーナーを新設してから今回の更新で
40回目になりますが 前回の39回の更新までで
13頭が馬券の対象(1着・2着馬)
に なっている注目のコーナーです。
(3着までの複勝圏内までならば19頭が
馬券圏内で馬券圏内率 48.7%です。)

今週の注目馬は10月28日(日)に行われる
京都11R・天皇賞・秋(G1)からのご紹介です。

今週の注目の1頭は『〇〇〇〇〇』です。
(馬名は人気ブログランキングにて公開致しています。)

昔は春の天皇賞と秋の天皇賞と言えばかなり格が上の
レースでしが、昨今の天皇賞は以前ほどその格という
面では正直賞金的には物足りないもので、この後のJC(G1)
が3億円、その後の有馬記念(G1)も3億円と、
天皇賞・秋の賞金の倍の賞金となっているせいか、近年では
以前ならば格で言えば最上位で有った天皇賞・秋を
ステップレースに使う馬が増えて来た印象が有ります。

一見すると今回の注目馬の〇〇〇もそういった臨戦過程です。

本来ならばステップレースを使って然るべきなのですが、
この馬の場合は休み明けもよく走りますので、今回、目標は
先のJC(G1)かも知れませんが、天皇賞・秋(G1)でも
充分走れる状態にあると思っています。

また今週のG1の天皇賞・秋は面子を見ると、逃げる馬が居ない。

そういった事を加味して考えると、このレースも上がりの
勝負になると思われますが、スピードを持続して走れ、尚且つ
指数が上位で、調教もよく動いている事からも、ここで〇〇〇が
3着以下に敗れるという事は少し考えにくい。

鞍上も今週こそは!?

っと、きっとやる気は満々な気もしますから、ここは素直に
この馬から入るのが妥当な線かとも思います。

また、今回、穴で一考の余地が有るのが〇〇〇です。

ただこの馬に関しましては、【今週の注目馬】の対象には
なりませんが、人気を落としている今回は狙い目かも知れません。

以上簡単では有りますが今週の注目馬でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。