競馬の予想やグッズのレヴューが多いジャングルみたいにカオスなブログです。

先週の投資競馬週報【10月・13日・14日】&重賞回顧。

Kera

こんにちは、kera (@keranolog) です。

さて、先ずは先週の投資競馬の結果から。

先週の投資競馬結果。

10月13日14日
総投資金額  12.000円
払い戻し   13.100円
収支 プラス  1.100円
回収率     109.2%

先週の重賞回顧

そして、先週の重賞回顧です。

東京11R・府中牝馬ステークス(G2)・芝1800m
【判定・★☆☆☆☆・星1つ】【的中】

1着 注 ディアドラ
2着 ◎ リスグラシュー
3着 ▲ フロンテアクイーン

注-◎-▲ 1000円×13.1倍=13.100円

このレースは今回こそリスグラシューが勝ったかと
思いましたが、その外から猛烈な末脚で伸びてきた
ディアドラに首差の惜敗。

リスグラシュー自体も32.6秒の末脚で伸びていましたが、
その末脚を上回る32.3秒でディアドラが勝利。

この結果を見ると休み明けでは有ったにせよ、斤量差が
2㎏も有って、この差ならば、本番のエリザベス女王杯(G1)
での逆転の目は無いと思います。

リスグラシューに関しましてはレース後のトレーナーの
談話ではなんでもエリザベス女王杯(G1)に向かうの
だとか?

これは個人的に思うのですが距離的に2200mの
エリザベス女王杯(G1)よりも1600mのマイルCS
の方が合っていると思いますし、勝てる可能性も大きいと
思うのですが?

なんだか謎の采配ですね。

リスグラシューに関してはやはりマイルか、それより長くても
1ハロンぐらいまでなのかな?

と思っているのですが。

しかし1着のディアドラは非常に強い競馬で本番の
エリザベス女王杯でも有力な1頭になると思われます。

3着のフロンテアクイーンについては1800mならば
常に上位に来るが、勝てるまでには至らずといったところですか?

変わって、京都のメインの秋華賞(G1)です。

京都11R・秋華賞(G1)・芝2000m
【判定・☆☆☆☆☆・星0個】

1着 ◎ アーモンドアイ
2着 無 ミッキーチャーム
3着 無 カンタービレ

このレースに関しては1着は不動の本命のアーモンドアイで
固いとは思いましたが、2着以下は正直分かりませんでしたし、
牝馬の重賞だと本当に変な馬が突っ込んでくる可能性も
有りましたので、今回はG1レースではありましたが、
記事にも書いた様に【見】にしました。

予想を見て頂ければお分かりの様に、馬券を買っていても
外れていたレースでしたので、今回はやはり【見】で
正解でしたね。

しかし、アーモンドアイはまたしても異次元の脚を使って、
他馬が止まって見えるぐらいの33.6秒の末脚で
着差以上の強い勝ち方でした。

正直言って、昨日のレースの内容を見ていたら、4角では
もう届かないのでは?

なんて思いましたが、ルメールジョッキーは冷静でしたね。

もう少し前でレースを進めると思っていましたが、道中は
中段待機。

そして4角から進出して、直線一気の脚で勝利。

あれだけ先行馬有利の流れの中で、あの脚を使われては
ミッキーチャームもある意味運が無かったとしか言いようが
ないのかな?
って思います。

いずれにせよ平成最後の牝馬の三冠レースで、三冠馬が
誕生したことは競馬ファンにとっては喜ばしい事ですね。

ボクは今回、久々に馬券を買いませんでしたが、見ていて
非常に素晴らしいレースでしたし、ある意味感動しました。

今週末は菊花賞(G1)で来週末が天皇賞・秋(G1)と
大きなレースが続きますので、今週末からは、また気合を
入れて予想にまい進して行きたいと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。