競馬の記事やグッズのレヴューが多いブログです。

今週の注目馬・東京新聞杯(G3)。

毎週水曜日更新週末注目馬コーナーです。

このコーナーを新設してからまだ2週ですが

既に2週とも馬券の対象になっている注目の

コーナーです。

 

今週の注目馬は2月4日(日)に行われる

東京11R・東京新聞杯(3)からのご紹介です。

今週注目の1頭【リスグラシュー】です。

 

この馬は2016デヴューで、デヴュー初戦

新潟のマイルでしたが0.0差2着でしたが

次走2歳未勝利戦では0.7差というレースで1着に。

 

そして続くアルテミスS(G3)でも0.1差1着好走

 

その勢いで阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に出走

しましたが惜しくも0.2差での2着でした。

 

ですが勝った馬が強かった。

 

あの『ソウルスターリング』ですから逆に

言えばよく0.2差で踏ん張ったな。

 

っていうのが感想です。

 

その後の戦績は皆様ご承知のとおりの活躍で

勝ち鞍こそないもののG1戦線で2・5・2着

好走続きで私もこの馬には相当お世話になっており

特に2017年ローズS(G2)では穴馬2頭から

入ったのですがこの馬が居たからこその

3連複での万馬券ゲットできたと思っております。

 

確かに2歳アルテミスS(G3)以降、勝ち鞍こそ有りませんが

相手也に走る馬で成績をご覧になれば一目瞭然で

馬券圏外に敗れた2戦は共に2000m以上

距離で明かにこの馬には不向きな距離だと思えば

納得の敗戦です。

 

過去東京コースでは2戦して1・5着ですが、

だったのは優駿牝馬(G1)で、出遅れこそした

もののそれでも上がり34.2という末脚で不向きかと

思われるこの距離で勝った『ソウルスターリング』

から0.8差というのはこの馬の能力の高さを改めて

思いしらされた競馬でした。

 

今回は5戦して2・1・2・3・2着

好走しているマイル戦

 

そして東京のマイルではアルテミスS(G3)以来

となりますがそのアルテミスS(G3)では中段

つけてから上がり33.5と素晴らしい末脚を披露しての

1着なので東京のマイルはこの馬にとって絶好の舞台かと

思われます。

 

鞍上も前走のエリザベス女王杯(G1)

手綱をとった福永ジョッキーから主戦

武豊ジョッキーに戻るのも好都合

 

そして斤量も55㎏で出走出来るのは好材料だと

思います。

 

2017年出走続きの皆勤賞休養と言える休養

2017年夏場ぐらいだったので今回は放牧されてから

乗り込んできたみたいで今週の追い切り次第では

充分期待出来る馬だと思われます。

 

馬体重二桁増でも問題は無いと思いますし、

逆に言えばそれぐらいの成長が無ければ怪しい

見てもおかしくはないかと思われます。

 

今回はヴィクトリアマイル(G1)を見据えての

出走となるのでしょうが此処は相手がかなり強化されて

実際には古馬との初対戦なので力関係からなんとも

言えない面が大きいですが過去の実績と昨年からの

現世代活躍を見ると今回馬券圏内に入っても

不思議ではない1頭だと思います。

 

以上今週の注目の1頭でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。