ジャングルみたいにカオスなブログです。

今週の注目馬・中京記念(G3)。

Kera

こんにちは、Kera (@keranolog) です。

毎週木曜日の夜に更新の今週の注目馬のコーナーです。

このコーナーを新設してから今回の更新で
26回目になりますが 前回の25回の更新までで
10頭が馬券の対象(1着・2着馬)
に なっている注目のコーナーです。
(3着までの複勝圏内までならば15頭が
馬券圏内で馬券圏内率 60.0%です。)

 今週の注目馬は7月22日(日)に行われる
中京11R中京記念(G3)からの
ご紹介です。

今週の注目の1頭は『スマートオーディン』です。

中京記念というと基本的には先週の
函館記念(G3)や七夕賞(G3)と
同じく荒れると言われているレースです。

やはり夏競馬のハンデ戦は基本的に荒れる

傾向が強い感じですか?

そういった事を加味するとやはり
1人気が予想されるグレーターロンドンや
2人気が予想されるウインガニオンよりも
こちらのスマートオーディンの方がより
面白味は有るのかと思っています。

っというのもこの馬は2年の長期の
休み明けの前走のエプソムC(G3)も
入れてこれまでに8戦していますが、
その前走は2年間の長期休養明けという事を
加味すれば論外で、実質7戦での成績が
重賞3勝を含む4勝という非常に能力の
優れた馬だと思っています。

正直、2年もの間厩舎に所属させて
その上管理して行く事はオーナーにとっても
厩舎側にとってもそんなにメリットはない。

限られた馬房の中で管理して行くというのと
その管理に掛かるお金を考えてみると
その費用の負担はとても大きい。

それを承知して、管理していた厩舎も
お金をつぎこんでいたオーナーの腹の
括り方もある意味凄いと思っています。

裏を返せばそれだけの素質馬で有る事の

証かとも思っております。

その前走のエプソムC(G3)では
鞍上に武豊ジョッキーを迎えての1戦でしたが
スタートから久々の影響なのか行きたがって
しまい、それを鞍上が無理に抑えずに
そのまま行かせて、直線では早々にバテて
しまい失速してしまっての12着では
ありましたが、2年間の休養明けだった
事と、松田厩舎からの転厩だった事を
考えると、実質今回からが池江厩舎での
本当の意味での初戦で有ると考えれば
ある種面白い存在で有ると思っています。

実際に2年間の休養明けで、その初戦から
力を出せという方が厳しいと思う。

個人的に思うのは、調教師が前走の
エプソムCを調教代わりに使った可能性は
非常に高い。

普通の休養明けでも現代の調教技術で有れば
6ヶ月程度ならば休み明け初戦からでも
力を出す事は可能と思っていますが、やはり
2年間の休養というのは、調教をいくら
豊富に積んだところで実戦と調教は違う。

やはり実戦の厳しい流れで息を作るのも大切
な事だと思いますので、そういう意味では
前走の競馬はある意味理想的な競馬だったと
思っています。

よく言われる俗に言う2走ボケというのも
好走をしていなければ無いと思いますし
何より前走の武豊ジョッキーの好判断で
結果、気持ちよく逃げて、そのまま変に
他馬と争う事も無く回って来ただけの競馬
なので、その反動は無いと見ていますし
むしろ良い調教とガス抜きが出来たと
思っています。

そして今回は調教も非常によく

動いているみたいなので期待は大きいですね。

何より、いつも言っている様にJRAの
ハンデキャッパーは非常に優秀ですから
そのハンデキャッパーがトップハンデを
指定したという事は、その能力はJRAの
ハンデキャッパーのお墨付きと言う事もできる。

そういった事と、当日は恐らく5~6人気
止まりであると予想されますので、馬券的
にはある意味先物買いな気もしますが
今回が狙い目だと思っています。

本来で有れば今回も武豊ジョッキーに
騎乗してもらいたかったのですが、何故か
今回は松山ジョッキーに乗り替わり。

でも松山ジョッキーならば問題は無いと見ます。

今回は1人気と2人気が予想される馬も
強いとは思いますが、今回のメンバーならば
非常に面白いレースになると思っています。

正直、これだけの素質馬で有れば、次走以降は
人気が予想されますので、馬券を買うのならば
今回のレースが狙い目だと思っております。

以上簡単では有りますが今週の注目馬でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。