競馬の記事やグッズのレヴューが多いブログです。

今週の注目馬・根岸S(G3)。

毎週水曜日に更新の週末の注目馬のコーナーです。

 

今週の注目馬は1月28日に行われる

東京11R・根岸SG3)からのご紹介です。

 

今週の注目の1頭は【ノンコノユメ】です。

 

この馬は2014年のデヴューですがデヴュー後

去勢するまでの2016年の帝王賞(G1)

まで馬券圏外だったのは僅か2戦のみで

中央競馬だけに絞ってもデヴュー5戦目

伏竜ステークス(OPのみでその後は

【G3】2戦・2連対【G1】

2戦・2連対と結構お世話になっている

お馬さんですが2016年のJBCクラシック(G1)】

の前に去勢手術をして復帰初戦の

JBCクラシック(G1)】4着(0.5差)

してからはどうもかつての勢いが完全に

影を潜めてしまい最後に中央競馬で連対し

馬券圏内に入ったのは2016年の

【フェブラリーSG1)】が最後に

なりますが、去勢後に馬体重が一時期減って

しまい好走は出来ていませんがよく

言われている【去勢馬】手術後

好走する時期としては大体3~6ヶ月

要すると言われているようでそれは

個体差がある為不明っと言ったところが

大部分を占めていると思われます。

(去勢後、即その効果が出る馬も多数いますが)

 

ただ去勢後の成績もそんなに悪いわけでは

なく去勢後の戦績は6戦して全て馬券圏外

では有りますがいずれも

05041.10.60.40.6秒差

とそんなには負けていないですし

一時期減っていた馬体重も戻ってきて

おりいつ走ってもおかしくはないという

状況だと思われます。

 

まあ早熟傾向があったのかと言えば

それまでですが近走を見ても

そんなに大きくは負けていない

ですしむしろ内容的には内で

砂を被ったりして走る気を

なくしてしまったのも一つの要因かと

思われ、まだ見限れないと思う馬です。

 

今回は得意東京コースにかわり

馬体も安定してきた今ならもしかすると

人気の落ちた今回辺りが意外と買いかも

知れません。

 

まあ距離1ハロン短いとは思います

がこの馬の良さが活きれば充分馬券圏内

には入って来る可能性も高いと思われます。

 

過去14戦は外国人騎手が乗っており今回は

内田ジョッキーに乗り替わりですが

もしかしたら外国人のジョッキーよりも

内田ジョッキーで一変する可能性も

大かと思われます。

 

正直、今回は2月に行われる

【フェブラリーSG1)】への

叩き台の意味もあるかも知れませんので

頭までは狙いずらい面も多いですが連なら

有るかも知れないと思う今週の注目馬でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。